スーパーなどで販売されている、特保付き食品であるオールブラン。

便秘解消に効果的な食品として注目されていますが、なぜオールブランを食べると便秘が解消するのでしょう?

また、オールブランは正しく食べ続けることで効果を発揮する食品なので、食べ方を間違えると便秘が悪化する恐れもあります。

今回、オールブランが便秘に効く理由や正しい食べ方についてお伝えします。

スポンサーリンク

オールブランとは?

ケロッグから販売されているオールブランですが、“オールブラン”という名の由来を知っている人は少ないと思います。

オールブランは“all(全て)”と“ブラン”を併せた言葉で、小麦の外皮である“ブラン”のみで作った食品という意味があります。

ブランは小麦を製粉して小麦粉にする際に必要ないので、全て取り除かれてしまいます。

しかし、ブランには多くの栄養が含まれているため、ケロッグがこの成分に注目してブランを固めた商品を開発しました。

 

オールブランは、現在以下の3種類が販売されています。

  • オールブラン オリジナル
  • オールブラン ブランフレーク プレーン
  • オールブラン フルーツミックス

3種類のうちプレーンとオリジナルは特定保健用食品になります。

特定保健食品は国が“健康に良い効果が期待できる”と認めた食品なので、安心して摂取することができますね!

 

オールブランが便秘に効く理由

オールブランが便秘に効果的と言われるのは、食物繊維を多く含んでいるためです。

日本人の食事基準では、食物繊維の1日の摂取目標量は成人男性で19g以上、女性で17g以上とされています。

オールブランは1食分(40g)で、最大11.0gもの食物繊維が摂取することができます。

 

※オールブランは種類によって食物繊維含有量が変わるため、以下に記載しておきます。

  • オールブラン オリジナル:1食分(40g)で11.0g
  • オールブラン ブランフレーク プレーン:1食分(60g)で5.6g
  • オールブラン フルーツミックス:1食分(40g)で4.9g

 

食物繊維には、水に溶けにくい不溶性食物繊維と水に溶けやすい水溶性食物繊維の2種類があります。

どちらの食物繊維も便秘解消に効果的ですが、それぞれ便秘を解消するための作用が異なります。

不溶性食物繊維

水に溶けないため、腸で水分を吸収して大きく膨らみ、便のかさを増します。

かさの増した便は腸を刺激するので、排便を促す運動が活発になり便秘解消につながります。

水溶性食物繊維

水に溶けるとドロドロになり、スムーズな排便の手助けをします。

また、腸内環境を良好に保つ働きをする善玉菌のエサになるので、善玉菌の増殖を手助けして腸内環境を良好な状態に改善していきます。

 

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維はどちらも摂取することが大切で、不溶性2:水溶性1の割合で摂取することで便秘解消に効果を発揮します。

オールブランには両方の食物繊維が含まれていますが、不溶性食物繊維の割合が飛び抜けて多いです。

オールブランに含まれる不溶性食物繊維は、野菜や果物に含まれる不溶性食物繊維より効果的に便のかさを増すことができます。

そのため、腸により強い刺激を与えることができるので、野菜や果物を食べるより効率良く便秘解消につながるのです。

 

食物繊維のバランスを考えると、オールブランと併せて、水溶性食物繊維が豊富に含まれている

キノコ類・海藻類・オクラ・アボガド・納豆・ごぼう

これらの食品を食べるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

オールブランで便秘が悪化する理由

オールブランに含まれる不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収する性質があります。

水分不足の状態でオールブランを食べると、不溶性食物繊維が便の水分を吸い取ってしまいます。

そうすると、水分不足で便が硬くなり排出しづらくなるため便秘が悪化します。

 

また、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランス良く摂取せず、不溶性食物繊維のみ取り過ぎてしまう状態もNGです。

不溶性食物繊維の作用で便のかさが増しても、水溶性食物繊維のサポートがないとスムーズに排便できません。

かさの増した便が腸内に留まることになり、余計苦しい状態になってしまう可能性もあります。

オールブランの便秘解消効果をより確実に実感したい方は、

  • 水分補給
  • 水溶性食物繊維の摂取

この2点も忘れないようにしましょう。

 

オールブランはヨーグルトと一緒に食べよう!

便秘解消のためオールブランは水溶性食物繊維を多く含む食品と一緒に食べるのがおすすめと伝えしましたが、他にもオールブランと相性抜群の食品があります。

それが、乳酸菌がたくさん含まれている食品の代表である“ヨーグルト”です!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を整える作用があるので、水溶性食物繊維と同じく排便をサポートする効果が期待できます。

※関連記事

ブルガリアヨーグルトの効果まとめ!飲むタイプも成分は同じ?

 

また、ヨーグルトを混ぜて食べることでオールブラン独特の粉っぽい味を感じにくくする効果もあります。

オールブラン+ヨーグルトで食べるなら、水溶性食物繊維を多く含む果物であるりんごやバナナ、ももなどを細かく切って加えるのもおすすめです。

※関連記事

一回の食事で効率良く便秘解消に効果的な成分を摂取していきましょう!

 

まとめ

オールブランは食物繊維以外にもタンパク質や鉄分、ビタミンなどの栄養素を多く含んでいるため、便秘解消だけでなく健康維持に最適な食べ物といえます。

ただ、便秘気味の方は便秘が悪化するリスクもあるので、正しい食べ方で続けることが大切です。

オールブランの良さを最大限引き出すため、毎日多くの食材を食べつつオールブランも摂取するようにしてくださいね。

スポンサーリンク