最近便秘がちだけど下剤は飲みたくないし、毎日食物繊維たっぷりの料理を作るのも難しい…そんな方はバナナで便秘解消するのがおすすめです。

スーパーやコンビニで購入できてコストパフォーマンスも良し、さらにいつでも手軽に食べられるもバナナの魅力!

でも、バナナで便秘解消を目指すなら、知っておきたいのが効果的な量や食べる時間ではないでしょうか?

今回、バナナが便秘便秘解消に効く理由や、バナナの正しい食べ方について紹介していきます。

スポンサーリンク

便秘解消にバナナが効くのはなぜ?

なぜバナナが便秘に効くのか、それは食物繊維やオリゴ糖など便秘解消に有効な栄養素を多く含んでいるためです。

まず、バナナには量は少ないものの便通に有効な水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、この両方が含まれています。

水溶性食物繊維は便をやわらかくして排便しやすくする他、血糖値の上昇を緩やかにする働きもあるのでダイエット効果も期待できます。

不溶性食物繊維は腸内で水分を含み便の量を増やし、大腸を刺激して腸の活動を活発にさせる働きがあります。

ただ、バナナより食物繊維を多く含む果物はたくさんあります。

それなのに、バナナが便秘解消に効果的と言われるのは、食物繊維に加えて“オリゴ糖”を含む果物だからです。

 

オリゴ糖の効果とは?

便秘は腸内環境との関係が深い症状で、腸内環境が悪いと便秘になり、腸内環境が良好だと便秘は改善します。

腸内環境は腸内細菌の量によって決まります。

腸内環境に直接かかわる細菌は主に下記の2種類です。

  • 腸内環境を良好にする”善玉菌”
  • 有害物質を発生させて腸内環境を悪化させる”悪玉菌”

善玉菌が優勢な状態が維持されていると便秘が解消しやすくなり、逆に悪玉菌が優勢になると腸の活動が低下するため便秘が悪化します。

 

バナナに含まれるオリゴ糖は、善玉菌の一種であるビフィズス菌のえさとなるので、摂取するとビフィズス菌の量を増やしてくれます。

通常、多くの糖類は腸に届く前に胃酸などによって消化されますが、オリゴ糖は大腸まで消化されず到達するので、高い効果が期待できます。

腸内環境改善の救世主ともいえるオリゴ糖がバナナには豊富に含まれるので、便秘解消効果が高い食べ物と言われているのです。

 

バナナは青い方がより便秘解消に効果的!

便秘解消を目的としてバナナを頂く場合、あまり熟していない青いバナナの方がおすすめです。

その理由は、青いバナナに多く含まれる“レジスタントスターチ”と呼ばれる難消化性でんぷんが便秘解消に効果的だからです。

レジスタントスターチは消化されずに大腸まで届くでんぷんで、水溶性・不溶性両方の食物繊維と同じ働きして排便の手助けをしてくれます。

 

また、オリゴ糖と同じように善玉菌のえさにもなる、便秘解消において最強の成分といえます。

ただ、レジスタントスターチはバナナが熟していく過程でだんだんと糖質に変わっていくため、熟したバナナにはほどんと含まれていません。

スーパーやコンビニで青いバナナを探すのは大変ですが、できるだけ熟していないものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

バナナの食べる量、時間はいつがおすすめ?

バナナは1本約80kcalとカロリーもそこまで高くないので、気軽に摂取できます!

食べる量は1日1本、多くても2本を食べれば十分便秘解消に効果を発揮します。

ただし、便秘解消に効果的なバナナですが体を冷やす食べ物なので食べ過ぎは要注意です。

 

冷え性の人が食べ過ぎると、腸が冷えて便秘が悪化する可能性もあります。

冷え対策として、バナナを食べた後に適度な運動をして新陳代謝を活発にすれば予防できるので、バナナは朝の時間に食べるのがおすすめです。

朝食を食べると腸が刺激され、排便を促す蠕動運動も活発になるので一石二鳥ですね!

また、冷え性の人はしょうがなどの体を温める食べ物と一緒に食べるのも冷え防止に有効ですよ。

 

バナナを使ったおすすめレシピ一覧

毎日バナナをそのまま食べるとさすがに飽きてしまいそうですよね…

たまにちょっとしたアレンジを加えると、美味しく食べ続けることができると思います。

手軽にできるバナナのおすすめレシピを紹介します。

バナナヨーグルト

バナナを1口サイズに切り、ヨーグルトと混ぜます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌との相互作用で、より高い便秘解消効果が期待できますし、手軽に作れるので、毎日の朝食に最適です。

きな粉をかけたり、黒蜜をかけたり、バリエーションもたくさんあります。

バナナジュース

バナナと牛乳、それに季節の果物をミキサーにかけるだけです。

牛乳を豆乳にしてみたり、好きな果物や野菜を入れてみたり、はちみつを混ぜてみたり、好みの味を目指して工夫してみましょう。

バナナと混ぜる果物でおすすめなのは、バナナと同じく便秘解消効果が高いりんごです。

※関連記事

りんごが便秘解消に効果的な理由!食べ方次第でさらに快腸に?

バナナワッフル

ホットケーキミックス150g、豆乳2/3カップ、つぶしたバナナ1本分を混ぜ、ワッフルメーカーで5分ほど焼きます。

普通のワッフルよりもちもちで、子供も好きな味なので、お子様の便通が良くない方は朝食に取り入れてみてください。

ホットバナナ

冷え性の人におすすめなのが「ホットバナナ」で、バナナの効果に加え、ホットバナナの熱が腸を温めて活動を活発にしてくれます。

以下、どちらの方法でも作れるので調理しやすい方を選んでください。

  • パターン1:バナナの皮を剥き、600Wの電子レンジで40秒程加熱する
  • パターン2:食べやすいサイズに切り、ほんのり焼き色がつくまでフライパンで焼く

食べる時にオリーブオイルをかけると体内で油膜を作り保温効果を高めてくれるし、便秘解消にもより効果を発揮するのでおすすめです。

※関連記事

オリーブオイルで便秘解消!摂取量の目安と飲む時間はいつ?

その他にも、きなこやココアパウダーなど色んなバリエーションが選べるので、その日の気分で食べ方を変えてみるのもありですよ。

 

まとめ

バナナは1日一本食べるだけで、オリゴ糖や食物繊維が腸内環境を整えて便秘を解消してくれる優秀な果物です。

早い人だと1週間程度で便秘解消効果を実感できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょう?

ちなみに、バナナには便秘解消効果以外に、血液をサラサラにする効果や免疫アップ効果も期待できます。

食べ方を工夫して、毎日飽きずに食べ続けられるよう頑張りましょう!

スポンサーリンク