便秘で辛い時や症状を素早く解消したい時、大抵の人は当たり前のように便秘薬の服用を考えるでしょう。

また、慢性便秘で常用的に便秘薬を服用している人もいるのではないでしょうか?

手軽に購入できてすぐ効果を期待できる便秘薬ですが、副作用について正しく理解していますか?

便秘薬の服用にはリスクがあることを知っておかないと、気づいた時には思わぬ症状を引き起こしているかもしれませんよ…

スポンサーリンク

どんな便秘薬にも副作用がある!

どんな薬にも程度の差こそあれ必ず副作用があり、便秘薬も例外ではありません。

便秘薬はドラッグストアなどで誰でも簡単に買えるので、便秘になった時に軽い気持ちで使用する人がほとんどでしょう。

しかし、市販の便秘薬には副作用が強いものがあり、使用には十分な注意が必要です。

 

また、”漢方便秘薬”と書かれていれば「漢方=体に優しい・効き目が穏やか」と言うイメージから、安心して飲めると思っていませんか?

確かに漢方は体に優しく、その他薬に比べて比較的副作用が少ないというのは一理あります。

でも、漢方であっても副作用は確実にあります!

 

便秘薬の種類

便秘薬にはその機能により、

  • 刺激性下剤
  • 膨張性下剤
  • 浸潤性下剤
  • 塩類下剤
  • 漢方

といった、たくさんの種類があります。

これらの中で私たちが広告や店頭でよく見る、最もポピュラーな便秘薬は刺激性のものです。

刺激性の便秘薬には”アントランキノン”と言う成分が入っており、腸を刺激して便を排出させるタイプの下剤です。

ちなみに、漢方便秘薬も刺激性の下剤と同じ成分が使われているものが多いです。

スポンサーリンク

 

便秘薬の仕組みと副作用

便秘薬で排便が可能になるのは、薬の成分が腸に刺激を与えたり、便をやわらかくして便を排出しやすくするためです。

しかし、本来なら排便は体の働きによって自然に行われる行為です。

便秘薬は人為的に無理やり排便を引き起こす訳なので、体には負担がかかっています。

その負担が、便秘薬の副作用である腹痛下痢食欲不振を引き起こすのです。

 

また、便秘薬の副作用で特に恐ろしいのは、常用すると腸が刺激に慣れて薬が効かない体質になってしまうことです。

便を出そうと思って便秘薬を飲むのに、飲み続けると便秘が慢性化したり今よりも悪化するという最悪の結果につながります。

便秘薬を飲み続けた結果、

  • より強い便秘薬を飲まなくては排便できなくなる
  • 用量を守って飲むと効果がないため、飲む薬の量が増えていき、結果、依存症を引き起こす

といった恐ろしい事態を招くことも…

そして、副作用は漢方便秘薬に含まれるダイオウ・センナ・アロエなどの生薬成分でも強く出ます。

 

妊婦さん・授乳婦さんの便秘薬服用は要注意!

漢方便秘薬に含まれる生薬成分、ダイオウ・センナには子宮収縮作用があります。

これらの成分を妊娠中の女性が摂取すると、早産流産の危険性が高まります。

また、授乳婦さんも授乳を介して赤ちゃんが薬の成分を摂取することで、ひどい下痢を引き起こすこともあります。

便秘薬の常用も危険ですが、妊婦さん・授乳婦さんは便秘薬を一度使用するだけでも十分な注意が必要です。

 

稀に起きる副作用…自覚症状のない”腸メラノーシス”

あまり知られていませんが、漢方便秘薬の副作用の一つで大腸メラノーシスがあります。

これは「大腸黒皮症」とも呼ばれ、大腸が真っ黒に変色してしまう症状のことです。

腸メラノーシスは漢方便秘薬に含まれる成分が大腸の粘膜に吸着し、大腸を黒く変色してしまいます。

 

自覚症状はありませんが、発病すると腸は伸びきったゴムの様な状態になり働きが弱まるため、

  • 排便の欲求が起きにくい
  • 粘膜に吸着した成分が原因で薬が吸収されにくくなるため、薬を飲む量が増えていき依存症など、さらなる副作用を引き起こす

といった身体の不調を誘発します。

大腸メラノーシスを治すには、便秘薬の服用をやめて腸に吸着した成分が薄れて行くのを待つしかありません。

 

まとめ

便秘の辛い症状を解消するため、一時的な便秘薬の服用は仕方ないでしょう。

しかし、便秘薬の使用を安易に考えて間違った服用をすると、副作用で体に思わぬ変調をきたす事になります。

便秘薬も「薬」だということをきちんと認識し、副作用について理解した上で上手に付き合っていきましょう!

また薬ではなく普段の食生活に気を付けて便秘を解消するのもおすすめですよ。

→参考記事:便秘解消に即効性がある食べ物5選!おすすめの食べ方も!

スポンサーリンク