腸の調子を整え、下痢や便秘を改善する薬として知られるビオフェルミン。

ドラッグストアで誰でも購入できるので、毎日服用している人も多いのではないでしょうか?

身近な薬なので安全だと思いがちですが、ビオフェルミンの飲み過ぎで軟便や下痢になる恐れがあるのは知っていますか?

便秘や下痢の対策として飲むはずなのに、飲み過ぎによってお腹のトラブルが起きると元も子もないですよね…

今回、ビオフェルミンの飲み過ぎによる副作用や、飲む間隔は何時間あけるのが理想かなど、安全な服用方法についてまとめました。

スポンサーリンク

ビオフェルミンの効果と作用

下痢・便秘の解消以外に食あたりや腹部膨満感など、あらゆるお腹のトラブルを解消するために服用するビオフェルミン。

有効成分は役割の違う3種類の乳酸菌で、それぞれ「ビフィズス菌」「フェーカリス菌」「アシドフィルス菌」といいます。

ビフィズス菌

CMでも宣伝されているため認知度が高い「ビフィズス菌」ですが、ヨーグルトなどによく含まれる乳酸菌の種類です。

ビフィズス菌が大腸に到達すると腸内環境が悪化する原因となる“悪玉菌”の増殖を抑え、腸内環境を良好な状態に改善していきます。

フェーカリス菌

腸内フローラ(善玉菌と悪玉菌のバランス)を整え、他の乳酸菌が増殖するのを手助けする役割をもつ乳酸菌です。

アシドフィルス菌

多くが小腸で効果を発揮し、腸内で乳酸を多く発生させて悪玉菌の増殖を防ぎます。

 

上記のように乳酸菌は種類によって働きが異なるため、腸内環境を改善するにはより多くの種類を摂取することが大切です。

ビオフェルミンは腸内環境改善に有効な乳酸菌3種類をサプリ感覚で摂取できるため、ヨーグルトなど発酵食品に比べ、食べやすく続けやすいのも特徴です。

 

飲み過ぎで軟便や下痢になる理由!

乳酸菌は過剰摂取しても便と一緒に体外に排出されるだけで、翌日にはまた不足する成分です。

※関連記事

乳酸菌のとりすぎは危険?1日の摂取量やとるタイミングはいつ?

そのため毎日取り続ける必要がありますが、乳酸菌取り過ぎの状態が続くと腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れ、軟便や下痢になる可能性があります。

 

腸内環境を改善するには善玉菌を増やすことが大切ですが、悪玉菌も“必要悪”であり、無くせばよいものではありません。

大切なのは腸内で常に善玉菌と悪玉菌が争い”善玉菌が優位の状態”にあることで、この状態が続くことで腸内環境が良好な状態を維持できるのです。

ただビオフェルミンを飲み過ぎると乳酸菌の働きにより善玉菌が増え過ぎ、腸内環境を良好な状態で保てる善玉菌と悪玉菌のバランスでなくなります。

さらに乳酸菌は乳酸を生成して腸の働きを促進するため、便の水分をちゃんと吸収する前に体外に排出しようして軟便や下痢になるのです。

スポンサーリンク

飲み過ぎかどうか判断する方法

乳酸菌の過剰摂取による軟便・下痢の見分け方として、便のにおいや色で確認する方法があります。

ヨーグルトのような酸っぱいにおいがして、黄色味の強い色をしている場合、乳酸菌の取り過ぎなのでビオフェルミンの摂取量を減らしましょう。

また便のかさをふやすため、不溶性食物繊維を多くとるのも軟便や下痢の解消に有効です。

※関連記事

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の効果!多い食品TOP10は?

 

基本的にビオフェルミンを含めた整腸剤は、製品に記載されている摂取量より過剰に摂っても効果はありません。

お金の無駄になるだけなのでやめておきましょう。

 

ちなみに軟便や下痢はビオフェルミンの飲み過ぎ以外に、以下のような状況でも起きる可能性があります。

 

  1. ビオフェルミンと併用してヨーグルトや乳酸菌飲料など、乳酸菌を含む食品を摂取している
  2. 乳糖不耐症による消化不良
  3. ビオフェルミンに含まれる乳酸菌が体質に合っていない

 

2と3の場合はビオフェルミン自体が体質に合っていないので、飲む量を減らしても症状が改善されません。(服用自体を中止しましょう)

また乳酸菌の摂取をやめても下痢や軟便が治らない場合、別の疾患の恐れがあるので病院での検査をおすすめします。

 

飲む間隔は何時間あける?

パッケージにも記載されていますが、ビオフェルミン1日の服用回数は3回、飲む間隔は朝・昼・夜の食後と決められています。

消化・吸収も考慮して一定時間おきに摂取する場合、食事の間隔を最低4時間以上空け、食後にビオフェルミンを服用するのが理想といえます。

ただし夕食後すぐの睡眠は胃腸機能の回復を妨げ、消化・吸収率低下の原因となるので夕食は最低でも睡眠の2時間前に済ませましょう。

 

また摂取量を増やすのは意味がないですが、軟便などビオフェルミンが原因でお腹の不調が現れた場合、摂取量を減らす必要があります。

その際は摂取する回数を減らすのではなく、摂取する個数を減らすことから始めてください。(1日2回、3粒ずつ服用→×、1日3回、2粒ずつ服用→○)

朝・夕食時にヨーグルトなど乳酸菌を含む食べ物を食べている場合も、その時だけビオフェルミンを1粒にするなど、お腹の調子と相談して適切な個数を調整しましょう。

 

まとめ

手軽に腸内環境改善に有効な成分だけを摂取できるビオフェルミンですが、飲み方や体質によっては軟便や下痢を引き起こす原因になります。

あくまで“ビオフェルミンは腸内環境の改善をサポートする薬”と割り切り、服用と併せて食事や生活習慣の改善も忘れないようにしましょうね!

※関連記事

スポンサーリンク