「コーヒーを飲み続けると、なぜか快便になった!」こんな風に感じている方はいませんか?

私自身も少し前まではコーヒーが飲めませんでしたが、ここ最近で飲み始めるようになり、元々便秘で悩んでいたのが不思議な程解消された気がします。

コーヒーが便秘解消に効果的なんて意外ですが、ちゃんとした理由があるようですね。

また、より早く効果的に便秘を解消するため、コーヒーの正しい飲み方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーが便秘解消に効果的な理由3つ!

カフェインの効果

コーヒーの主成分と言えば、覚醒効果でお馴染みの“カフェイン”ですよね。

カフェインは脳だけでなく胃や大腸の動きを活性化する効果もあるので、コーヒーを飲むと腸の蠕動運動が活発になります。

※蠕動運動→便を直腸まで動かす腸の収縮運動

よく洋食フルコースの最後にコーヒーが出るのは、胃や腸の働きを活性化させ消化を助けるためなんですね!

 

オリゴ糖の効果

コーヒーにはカフェイン以外に、便秘解消に効果的な成分であるオリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖は腸内環境を整える作用がある善玉菌を増やす働きがあるので、便秘解消効果が期待できます。

コーヒーに含まれるオリゴ糖は“コーヒーオリゴ糖”と呼ばれて、コーヒー豆のカスからできています。

通常のオリゴ糖は小腸で体内に吸収されますが、コーヒーオリゴ糖は吸収されず大腸まで届くため、通常のオリゴ糖よりも高い便秘解消効果があります。

 

コーヒー+αの効果

私は今でもブラックコーヒーが苦手で、カフェオレやカプチーノのようにミルクなどの乳製品を入れることが多いです。

私のようにコーヒーに乳製品をプラスして飲む方はきっと多いと思いますが、乳製品には腸内を活発化するオリゴ糖や乳糖が含まれています。

そのため、コーヒーに含まれるカフェインやオリゴ糖の効果を併せて、より便秘解消効果が期待できるのです。

ただし、乳製品が合わない人も中にはいるため、腹痛や下痢などの症状が表れた場合、乳製品の摂取は控えた方がいいでしょう。

※関連記事

スポンサーリンク

 

便秘解消に効果的!正しいコーヒーの飲み方は?

コーヒーが便秘解消に良いからといって、一日何杯も飲むのは絶対にNGです。

適量を正しい飲み方で継続して飲むことで、便秘解消効果を最大限引き出すことができるので是非実践してください。

多くても1日3杯までにしよう!

カフェインには利用効果があるため、コーヒーを飲み過ぎると排尿の回数も増え、体内の水分が不足します。

水分が不足すると、便が硬くなり出づらくなるため便秘が悪化します。

 

また、コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれています。

クロロゲン酸は老化防止やコレステロール抑制効果がありますが、過剰摂取すると腸の働きを鈍化させるので便秘の悪化につながります。

一日3杯までならカフェインやクロロゲン酸の影響も少なくて済みますが、3杯はあくまで目安で個人差があります。

自分にとっての適量を見つけることが大切なので、最大3枚までとして飲む量を調整して適量を探しましょう。

 

朝コーヒーがおすすめ!

コーヒーを飲むタイミングで朝・昼・夜と比べた場合、朝にコーヒーを飲むのが一番おすすめです。

朝にコーヒーを飲むとカフェインの覚醒作用のおかげで目覚めが良くなりますし、排便のリズムも整います。

反対に夜はカフェインの影響で眠れなくなることがあり、排便リズムを整える上でもおすすめはできません。

 

また、コーヒーを飲むタイミングは必ず食後にしましょう。

胃が空っぽの状態でコーヒーを飲むと、胃液が多く分泌されて胃壁が荒れてしまうので胃痛が起きる原因になります。

 

砂糖をオリゴ糖に変えよう!

甘いコーヒーが好きな人は、普通の砂糖ではなくオリゴ糖を入れることで腸内環境が良好になるのでおすすめです。

また、普段ブラックコーヒーしか飲まないという方でもスプーン一杯程のオリゴ糖であれば味もほぼ変わらないので一度試してほしいです。

オリゴ糖の他、牛乳や乳製品を積極的に入れるようにすることで、コーヒーの便秘解消効果をより一層高めることができます。

 

まとめ

コーヒーで便秘解消を目指す場合、効果を最大限得るために最も大切なのは“適量を守ること”です。

私はコーヒーで便秘解消に成功しましたが、コーヒーは体質より成果が変わると思うので、便秘解消と便秘悪化は紙一重だと思います。

一度正しい飲み方で試してみて、まったく改善の兆しが見えない場合、他の飲み物で便秘解消を目指してみることをおすすめします。

※関連記事

便秘解消に最適な飲み物一覧!即効性重視で厳選して紹介

スポンサーリンク