朝一杯のコーヒーを飲むことで、一日のスタートを実感する人は多いと思います。

私もその一人で、朝にコーヒーを飲んで覚醒しないと午前中の仕事がはかどりません。

コーヒーは社会人の強い味方ですが、コーヒーを飲むと胃痛になる人も多いようですね。

なぜコーヒーを飲むと胃痛が起きるのでしょう?

併せて胃痛が起きた時の対処法や、胃痛を防ぐ飲み方についてもお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーで胃痛が起きる原因は?

コーヒーを飲んだ後に胃痛が起きるのは、含まれる成分と飲み方が原因です。

胃痛が起きる原因となる成分が、カフェインとクロロゲン酸です。

カフェイン

コーヒーの成分と言えば、カフェインが真っ先に思い浮かびますよね。

覚醒作用があるため、眠気覚ましのために毎日のように飲む人も多いのではないでしょうか?

カフェインには覚醒作用以外に胃酸の分泌を促す作用があります。

空腹時にたくさんコーヒーを飲むと、カフェインの作用で大量分泌した胃酸により胃の粘膜が荒れます。

 

特に胃酸過多や胃潰瘍の人が空腹時にコーヒーを飲むのは危険で、症状を悪化させる原因になります。

またコーヒーを飲んだ後に食事した場合も、胃の粘膜が荒れているため消化がスムーズに進まずに胃痛が起きることがあります。

※関連記事

食後の胃痛が辛い!みぞおちや背中あたりが痛む場合は要注意?

 

カフェインによる胃痛を抑えたい場合、コーヒーは食後に飲むようにしましょう。

食後に飲むことで胃痛が抑えられるだけでなく、胃酸の分泌が活発になるので消化作業がよりスムーズに進みます。

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種で、

  • 抗酸化作用で活性酸素を抑える
  • 抗がん作用
  • 中性脂肪の低下

といった効果があります。

 

クロロゲン酸は生活習慣病予防やダイエットに効果的ですが、カフェインと同じく胃酸の分泌を促す作用があります。

空腹時に摂取すると胃酸が大量に分泌されるため、胃の粘膜を刺激して胃痛を引き起こす原因になります。

カフェインレスコーヒーで胃痛が起きた場合、カフェインではなくクロロゲン酸が原因と考えてください。

スポンサーリンク

 

続いて、胃痛が起きる原因となる飲み方ですが、飲むタイミング・飲む量・飲み合わせによる影響が考えられます。

コーヒーを飲んだ後、頻繁に胃痛が起きる人は以下のような飲み方をしていないか思い出してください。

空腹時に飲んでいる

お腹の中に食べ物がない時は、カフェインとクロロゲン酸の作用で大量分泌された胃酸が胃の粘膜を荒らします。

1日4杯以上飲んでいる

食後にコーヒーを飲むと消化をサポートしますが、あくまで適量を飲んた時のみで飲み過ぎは危険です。

多くても朝食後と昼食後の2回程にしておきましょう。

1日4杯以上飲む人は明らかにカフェイン・クロロゲン酸のとり過ぎになので、胃痛が起きやすいです。

またコーヒーの飲み過ぎは、胃痛以外にも睡眠障害・便秘を引き起こします。

※関連記事

コーヒーが便秘解消に効果的な理由!正しい飲み方は知ってる?

喫煙しながら飲んでいる

喫煙は胃粘膜の血流を阻害し、防御機能を弱める作用があります。

そんな時にコーヒーの成分によって胃液が胃の中で大量分泌されると、ますます胃が荒れ胃痛が起こりやすくなります。

タバコは健康被害が大きいので吸わないに越したことはないですが、最低でもコーヒーと併せて吸うのはやめましょう。

もちろんコーヒーを飲む直前・直後の喫煙もNGなので、最低でも1時間以上は空けてからにしてくださいね。

 

コーヒーで胃痛が起きた時の対処法!

胃痛を和らげる飲み物を摂取

食前に胃痛が起きた場合、胃の調子が落ち着くまでは食事を控え、胃に優しい白湯やホットミルクを飲むようにします。

ホットミルクは特におすすめで、牛乳には胃の粘膜を保護する作用があるので胃酸による刺激から胃壁を守ってくれます。

※関連記事

胃痛を治すおすすめの飲み物!胃痛の人が控えるべき飲み物は?

胃痛が和らいだ後、胃痛を治す食品を食べる

温かい飲み物で胃痛が和らいでくると、胃痛を治す効果のある食品を摂取しましょう。

おすすめは納豆やオクラなど、ネバネバした成分である“ムチン”を多く含む食べものです。

ムチンは胃酸によって傷ついた胃の粘膜を保護、回復させる作用があります。

※関連記事

胃痛を治す食べ物でおすすめは?効く理由やお手軽レシピも紹介

 

胃痛を防ぐコーヒーの飲み方は?

コーヒーには集中力アップや眠気覚まし効果があるので、胃痛が怖くて飲めなくなるのは避けたいですよね。

飲むタイミングや量を調整するのも大切ですが相性の良い食品と一緒にコーヒーを飲むと、より確実に胃痛を防げます。

コーヒーと併せて飲みたい食品

ミルク

牛乳には胃酸を中和するカルシウムと、胃の粘膜を保護するたんぱく質が豊富に含まれています。

ブラックコーヒーで飲むより、ミルクを混ぜた方が胃に優しくなります。

油不使用のクラッカー

カステラやクラッカーなど油不使用のお菓子と一緒にコーヒーを飲むと、胃の中でお菓子がコーヒーを吸収するため胃酸の過剰分泌を防げます。

 

まとめ

私はコーヒーが大好きなので飲みたい時、飲みたい量を飲んでいましたが、その頃はよく胃痛が起きていました。

現在は一日2杯、朝食とランチの後にだけ飲むようにしているのでコーヒーで胃痛が起きることはありません。

飲む量やタイミングに気をつけるだけで、ほぼ確実にコーヒーによる胃痛は防げます。

コーヒーを飲んだ後の胃痛に困っている人は飲む量とタイミングを、一日2杯、朝・昼食の後に変えてみましょう。

きっと胃痛とさよならできるはずです!

スポンサーリンク