「あともう少しで出そうなのに…出ない。」

やっと出そうと思ってトイレへ駆け込んだのに出てくれない、そんな出そうで出ない便は非常にもどかしいですよね。

下手すると全く出ない便秘より精神的に苦しいので、なんとしても早く出したいと思う方も多いはず。

できる限り自然な排便でスッキリしたいですが、出そうで出ない便秘に下剤を使うのは仕方ないのでしょうか?

今回、出そうで出ない便秘を即効で解消する方法として、下剤の正しい使い方も含めてお伝えします。

スポンサーリンク

出そうで出ない便秘は“直腸性便秘”!

出そうで出ない便秘が続く場合は“直腸性便秘”の可能性が高く、便が直腸に溜まっているものの、何かしらの原因によりスッキリ出てくれない状況をいいます。

直腸性便秘の主な症状を具体的にお伝えすると、

  • 残便感が強い
  • 便がコロコロ、極端に細い
  • 便意があるのに、満足のいく排便ができない

などがあり、特徴として便意を催さない便秘とは違い、いずれも“便意がある(排便できた)のに便秘解消していない”という共通点があります。

 

直腸性便秘は呼び名のとおり、肛門の手前にある直腸が正常に機能していないために起こる便秘です。

直腸が正常に作用しない原因として、ストレスや過敏性腸症候群などの病気が挙げられます。

※関連記事

 

また女性の場合は“直腸瘤(ちょくちょうりゅう)”という、直腸内の肛門とは違う方向にポケットのようなスペースができ、そこに便が収納されるため便秘になる場合もあります。

直腸瘤

直腸瘤に便が入ると自分の力ではなかなか出すことができないですし、下剤を飲んでも便秘解消効果が期待できない場合が多いです。

直腸瘤ができる原因とは?

直腸瘤は生まれつきできるものではなく、硬い便などで悩んでいる女性に見られる症状です。

排便時にいきむと腹圧が肛門方向以外に膣の方向にもかかります。

膣と直腸の間にはスペースがあるため、スペースを埋めるように硬い便が直腸を押し広げて直腸瘤ができます。

直腸瘤は便が溜まっているときだけ姿を現すので、病院で検査してもなかなか発見されにくい症状です。

 

また男性は女性と体の作りが違うため、直腸瘤はできにくいです。

男性で出そうで出ない便秘が続く場合、第一に疑うべきなのは腸機能の衰え・異常といえるでしょう。

スポンサーリンク

 

出そうで出ない便の出し方!即効で便秘解消するには?

出そうで出ない便を強くいきんで無理やり出そうとすると、直腸瘤が進行したり肛門が切れて痔になる可能性もあります。

まず女性の方は出そうで出ない便秘の原因が直腸瘤なのか、他にあるのか確かめるため病院で診察しましょう。

直腸瘤だと診察された場合、正しい排便の仕方を指導されたり、便を柔らかくするために食生活の改善を行って治療していくことになります。

 

男性の場合は、肛門付近で便が固くなり出口を塞いでいる可能性があるので、浣腸や座薬などを使い即効で詰まっている便を排出する出し方が有効です。

女性も浣腸や座薬でとりあえず便を出し切っても問題ないのですが、直腸瘤が原因だと浣腸や座薬で直腸留に溜まった便を排出しきれないため、効果が薄くなります。

直腸瘤は治療すれば症状を軽減することができるので、なるべく早い段階で発見し、対処するようにしましょう。

 

下剤で便秘解消後、生活習慣を改善する!

直腸に溜まっている便を下剤の力で出し切っても、同じような生活習慣を送っていると再び直腸性便秘になる可能性が高いです。

下剤の常用を避けるためにも、一旦溜まっている便を出し切った後は生活習慣を改善して便秘解消していくのも忘れないでください。

 

まず少しでも便を排出しやすくなるよう、太くて柔らかい便を作れるような食生活に改善していきます。

太くて柔らかい便を作るには、腸内環境を整える善玉菌を増やし、不溶性・水溶性食物繊維を2:1の割合で摂取することが有効です。

※関連記事

 

併せて、直腸の働きを活性化させるため、動画のような腸全体の働きを活性化させる体操を毎日の生活に取り入れましょう。

腸を活性化させる体操の動画はこちら

食生活を改善し、腸の働きを活性化する体操も取り入れたのに便秘解消しない場合、過敏性腸症候群など病気が原因かもしれません。

治療に薬が有効な場合もあるため、きちんと病院で症状を説明して出そうで出ない便秘の原因をつきとめてください。

 

まとめ

病気や直腸瘤が原因の場合を除くと、腸を活性化させる体操と排出しやすい便を作る食事を続けることで、出そうで出ない便の悩みは解消するはず。

完全な便秘解消までは時間がかかるかもしれませんが、症状にあった便秘解消法を実践してスッキリと排便できるようになるといいですね!

スポンサーリンク