お酒を飲み過ぎた後、二日酔いになり下痢がずっと続いていると、一体いつ治るのか心配になりますよね。

私は普段お酒を飲む機会が少ないので、たまに飲み会となるとつい飲み過ぎ、翌日は二日酔い+下痢といった、つらい経験をしたことが何度もあります。

頭痛や吐き気と併せて下痢まで続くとホントにしんどいので、何とかして一刻も早く治したいものです。

今回、二日酔いするとなぜ下痢が続くのか、その原因や治し方についてまとめました。

スポンサーリンク

二日酔いで下痢が起きる原因

二日酔い、つまりお酒の飲み過ぎで起きる下痢は、内臓に大きな負担がかかることが原因です。

なぜ、お酒を飲み過ぎると内臓に大きな負担がかかってしまうのでしょう?

アルコールによる刺激

お酒に含まれるアルコールは身体にとって刺激物なので、摂取すると胃や腸などを刺激して消化・吸収作業の邪魔をします。

そうすると食べた物や水分がうまく消化・吸収できなくなり、消化不良を起こして下痢になります。

また、ビールやチューハイなど冷たいお酒はお腹を冷やす原因になるため、アルコールの刺激と併せてさらに下痢しやすくなります。

水分の過剰摂取

お茶やコーヒーに比べ、お酒は摂取量が圧倒的に多いです。

良くお酒を飲む人はジョッキ1杯なんて軽く空にすると思いますが、同じ量のお茶を飲むのは相当苦労しますよね?

1~2時間で何リットルもの水分を摂取すると、大腸がそれを全て吸収するのは難しいです。

そのため、水分がそのまま便に含まれて下痢します。

肝臓の働きすぎ

お酒を飲んだ時、体内に侵入したアルコールは肝臓の働きで分解されて無害なものになります。

また、肝臓はアルコールの分解以外にも、脂質の分解を助ける胆汁の生成も行っています。

もし適量を超えて二日酔いするほどのアルコールを摂取すると、肝臓は身体にとって有害であるアルコールの分解に付きっきりになります。

そうすると胆汁の生成まで手が回らなくなり、脂肪がうまく分解できず消化不良を起こし下痢になるのです。

特にてんぷらや肉類など、脂っこいおつまみでお酒を飲んでいた場合、脂質を多く体内に取り込んでしまうので下痢しやすくなります。

 

二日酔いで起きる下痢の治し方!

二日酔いで下痢がずっと続く場合、以下の方法で対処しましょう。

下痢止めを飲む!

最も即効性があり効果が期待できるのは、下痢止めの服用です。

胃腸炎などウイルスや細菌の感染が原因で下痢が続く場合、下痢止めを服用すると体内からウイルスを排出できないので絶対NGです。

ただ、二日酔いは細菌やウイルスが原因ではありません。

常用は依存性や副作用が怖いので避けるべきですが、学校や仕事でどうしても下痢を止めないといけない時だけ下痢止めを服用するようにしましょう。

※関連記事

下痢止めは飲み方を間違えると危険!副作用と薬の種類について

スポンサーリンク

少しずつ水分を摂る!

下痢が続くと便と一緒に身体から水分がどんどん排出されるので、回復を早めるためには意識して水分を多く摂ることが大切です。

ただし、飲み物でも冷たいものは胃や腸を刺激して下痢をさらに長引かせる原因になるのでやめておきましょう。

 

また、温かいでも一度に大量に摂ると胃の負担になるので、必ず常温か温かい飲み物を少しずつ飲むようにしましょう。

おすすめは、胃腸の負担にならない白湯か、下痢で失われたミネラルを補給できるスポーツドリンクです。

スポーツドリンクに多く含まれる砂糖は身体を冷やし下痢を悪化させる原因になるため、飲む時は薄めてからにしてくださいね。

肝機能を回復する食べ物を摂る!

アルコールの分解を手助けしたり、肝臓の機能回復を促進させる効果をもつ食べ物がおすすめです。

二日酔いで下痢が続く場合、以下のような食べ物を意識的に摂取しましょう。

しじみや牡蠣などの貝類
  • 胆汁の生成を促進するタウリン
  • アルコールが生成する二日酔いの原因となる成分「アセトアルデヒド」の分解を手助けするオルニチン

これらの成分を多く含みます。

しじみは味噌汁にすると温かくて飲みやすいのでおすすめです。

ブロッコリーや芽キャベツ

タウリンやオルニチンと同じように、肝機能回復とアセトアルデヒドを分解する効果をもつ成分「スルフォラファン」が多く含まれています。

ブロッコリーや芽キャベツ入りの野菜スープがおすすめです。

ゴマ

ゴマに多く含まれるセサミンがアセトアルデヒドの分解をサポートします。

またセサミンには肝臓機能を高める効果もあるので、摂取することで二日酔いが早く治ります。

しじみ、ブロッコリーにプラスしてゴマを食べると、二日酔い解消効果も倍増します。

柿に多く含まれるタンニンは、体内に溜まったアセトアルデヒドと結合して吸収を阻害する効果があります。

また、利尿作用のあるカリウムも含まれているので、体内に溜まったアルコールをスムーズに排出する手助けもします。

ちなみに、柿はお酒を飲む前に食べておくのもおすすめで、タンニンの作用で体内のアルコール濃度が高くなるのを防いでくれます。

 

ただし、いくらこれらの食べ物が肝機能を回復させるといっても食べ過ぎは二日酔いで弱っている胃に負担をかけるのでNGです。

下痢と併せて胃痛なども起きている場合は白湯を飲むだけにしておき、胃痛が治まってから、最大でも腹五分目までに抑えて食べるようにしてください。

 

まとめ

二日酔いによる下痢は胃腸が原因の消化不良以外に、肝臓の働きも関係していることが分かりました。

下痢の原因が二日酔いなら、胃腸を休めつつ肝機能が回復してアルコール分解が終われば自然と治るはずです。

今回紹介した対処法を実践し、消化や肝機能回復のサポートを行ってみてくださいね。

スポンサーリンク