お腹に溜まったガスが原因でお腹が張って辛い…こんな悩みがある人は多いのではないでしょうか?

ガスがお腹に溜まった状態は精神的に辛いのはもちろん、お腹の不調を引き起こす恐れもあるので、なるべく早く解消したいものです。

当記事では、お腹にガスが溜まる原因を調べ、その原因に合わせた解消法についてまとめています。

「辛いお腹の張りを即効で治したい!」と思っている人にも朗報なので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

ガスがお腹に溜まる原因&解消法

原因1:便秘

便秘は便が出ず、腸内に排泄物が溜まった状態のことを言います。

溜まった排泄物は腸の中で有害なガスを大量に発生させるため、便秘の方はそうでない方に比べてお腹にガスが溜まりやすいです。

また、便秘気味の方は排泄物を肛門へ運ぶための蠕動運動(ぜんどううんどう)が衰えているため、溜まったガスが抜けにくくなっています。

これらが原因でお腹が張ってしまうのです。

※蠕動運動(ぜんどううんどう)

腸などの消化器の収縮運動のことで、内容物を移動させる働きがある。

自律神経により左右されるので意識的には調節できない。

食べ物や水分を摂取して消化器官に刺激をあたえ、運動を促すことで収縮運動の低下を抑えることができる。

 

解消法

即効で解消したい場合、便秘薬で排泄物を出し切ってしまうのがいいでしょう!

ただし、便秘薬にはリスクがあるため常用は絶対にしないでください。

→関連記事:便秘薬の恐ろしい副作用!漢方でも安心してはいけない!

 

便秘薬を使わずに便を出すためには、最も行うべきことは“食生活の改善”です。

便秘解消に効果的な食べ物を積極的に食べるようにしてください!

→関連記事:便秘解消に即効性がある食べ物5選!おすすめの食べ方も!

それと併せて、

  • 適度な運動(ウォーキング、ストレッチ など)
  • 十分な睡眠(毎日、最低でも6時間以上)

を行うことで、便秘体質を改善することができます!

 

原因2:ストレス

例えば、緊張する場面や旅行中、生活環境の変化でストレスなどです。

腸は精神的な苦痛に対し敏感に反応する臓器なので、ストレスを受けると働きが鈍くなり腸内環境が悪化します。

その結果、便秘を引き起こしたり、蠕動運動の衰えによりガスが抜けにくくなり、お腹が張ってしまいます。

 

解消法

ストレスは避けて通ることはできないので、“いかにストレスを溜めこまないか”を重視した方がいいでしょう。

運動や睡眠、入浴などはストレス解消に効果的なので正しい方法で行うのはもちろん、

  • 趣味を持つ
  • 友人・家族など心を許している人と喋る
  • バラエティ番組などを観て思いっきり笑う

など、ストレス発散できる機会も自分から積極的に作っていきましょう。

ストレスが原因で便秘になる人は、便秘の項目で述べた解消法を実践するといいでしょう。

スポンサーリンク

 

原因3:おならをしない(できない)

  • 音が出ると嫌なので人前でおならをしない
  • 臭いがキツイので人前でおならができない

このような人は、お腹に良い生活習慣を送っていてもガスが必然的に溜まるのでお腹が張ります。

 

解消法

解消するには“おならをするしかない”というのが結論ですが、音や臭いを押さえるためにある程度の対策はできます。

おならの音の対策
  • 人目に付かないところや音が聞こえにくい場所でする

トイレや屋外、屋内でも音楽をかけて音を聞こえなくするのも一つの手です。

おならの臭いの対策
  • 食事に気をつける(便秘の解消法を参考)
  • 臭いを吸収するパンツを買う(結構高いですが効果抜群です)

 

原因4:食べ物(飲み物)・食べ方

  • 豆類
  • 肉類
  • 繊維や糖分が多い果物
  • 乳製品
  • 炭酸飲料

上記はガスを溜まりやすくする食べ物(飲み物)になります。

また、早食いの人は食べ物をよく噛まずに飲み込むため、空気も一緒に飲み込んでしまうことが多いです。

ガスが溜まりやすい食べ物をよく食べる人や早食いの人は、ガスがお腹に溜まりやすくなります。

 

解消法

ガスが溜まりやすい食べ物を極力食べないようにすること、良く噛んで食べることが大切です。

とはいっても、豆類や肉類、一部乳製品は身体を作るうえでは大切な食べ物です。

これらを食べないのは別の不調を招く恐れがあるので、消化吸収しやすくするため良く噛んで食べるようにしてください。

良く噛んで食べるというのは、意識するだけで改善できるのですぐ実践しましょう。

ちなみに、食べるべきではないのはファーストフードやジャンクフードの肉、生クリームなどが含まれたスイーツなどです。

 

ガスが溜まっている時、即効で試せる解消法2選

ガスが原因でお腹が張っている時に有効な、ガスを出やすくする即効で試せる解消法を2つ紹介します。

 

だるまのポーズ

ヨガで取り入れられている「だるまのポーズ」は、ガスの排出を促してくれます。

だるまのポーズは以下の手順で行います。

  1. 仰向けに寝転び両膝を腕で胸の前に抱え込む
  2. 3分間、姿勢を維持したまま上下・左右にゴロゴロ動く

 

腹式呼吸+お腹を手で「の」の字でさする

腹式呼吸とは、背筋を伸ばして鼻から息を吸い、お腹を膨らませて空気を溜め、口からゆっくりと息を吐き出す呼吸法です。

腹式呼吸を行うと副交感神経が活発になるため、身体がリラックスしてストレス解消につながります。

仰向けに寝転び膝を曲げ、ゆっくり腹式呼吸しながらお腹を「の」の字でさすると、リラックスするとともに腸の働きが活発になります。

ガスが溜まってお腹が張っている時は、是非実践してください。

 

最後に…

ガスが溜まりお腹が張るのは精神的・肉体的に苦しいものです。

即効で試せる解消法を実践しつつ、日頃の生活を改めていきガスが溜まりにくい体質になることを目指しましょう!

スポンサーリンク