食事中でもないのにゲップがよく出て困る…こんな経験はありませんか?

人前で不意にゲップが出てしまうと恥ずかしいものですが、ゲップが多い日がずっと続くと病気かもしれないと心配になりますよね。

ゲップは誰にでも起きる生理現象ですが、回数が異常なほど多く、胃痛や吐き気などを伴っている場合は病気の可能性もあります。

今回、ゲップが多いときに疑われる病気や、病気以外でゲップ多くなる原因や解消法についてお伝えします。

スポンサーリンク

そもそも、なぜゲップは出る?

ゲップとは、食道・胃・腸などにたまったガスや空気が、口や鼻から抜けていく際に起きる生理現象です。

胃の中には、常にある程度の空気が溜まっていて、胃の大きさを保つ役割や胃液をかきまわして食べ物を消化しやすくする役割を担っています。

食道と胃の間には弁があり空気が逆流しないよう塞いでいますが、胃の中の空気が増えると弁が緩み、空気が逆流することによりゲップが出ます。

 

空気は食事の時に食べ物と一緒に体内に侵入したり、食べた物を消化する際に発生したガスによって胃の中に溜まり、通常は食後付近に1、2回程ゲップが出ます。

食後数回のゲップは健康な証拠と言えますが、常日頃からゲップが多発する場合は明らかに異常です。

もしかすると、消化器や呼吸器が何かしらの病気を患っているかもしれません。

 

病気以外でゲップが多くなる原因は?

ゲップが多くなるのは、胃に許容量を超えた空気が溜まることが原因です。

まず、病気以外で胃にたくさんの空気が溜まる原因をお伝えします。

食事、日常生活

  • 早食いの人
  • 鼻づまりで口呼吸をしている人
  • 早口で喋る人

このような人は、口から空気をたくさん吸い込むので、胃に空気が溜まりやすくなります。

ストレス

無意識のうちに大量の空気を吸い込んでしまう症状を空気嚥下症(呑気症)と言いますが、呑気症になると消化器内に空気が溜まります。

そのため、ゲップ以外におならの回数も増えます。

※関連記事

おならの一日の回数で正常値は?便秘や下痢になると増える?

また、無意識に歯を食いしばる癖がある人も要注意です。

歯を食いしばることで唾液の分泌量が増え、口に溜まった唾液を飲み込むときに空気も一緒に体内に侵入します。

 

上記2つの症状は、どちらもストレスが原因となり、精神的に不安定なときになりやすいと言われています。

胃の働きが鈍っている

多くの空気を飲み込んでいなくても、胃の働きが鈍っているとゲップが増えることもあります。

胃の働きが鈍くなる要因としては、

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 胃に過度な負担をかける食生活(刺激の多い食事・アルコール・カフェイン等)
  • 喫煙

などがあります。

 

胃の働きが鈍くなると、胃の中で発生するガスの量が増えたり、胃に取り込まれた空気をうまく吸収して処理できなくなります。

そのため、よりたくさんの空気やガスを体外に排出することになるので、ゲップが多くなります。

ちなみに、胃の周辺には食道への逆流を防ぐ弁がありますが、弁を開閉する筋力が低下した場合も空気が漏れるためゲップが多くなります。

スポンサーリンク

 

ゲップが多くなるのは病気の兆候かも…

暴飲暴食やストレスなど、一時的な要因でゲップが増えるのはよくあることです。

ただ、慢性的にゲップが多い状態が続く場合、病気の可能性があります。

もしゲップが多くなる原因が病気だった場合、ゲップ以外によく現れる症状も併せてお伝えしていきます。

逆流性食道炎

食べたものが完全に消化されないまま、胃酸とともに食道の入り口付近まで逆流し、そこにとどまることで食道に炎症を起こす病気です。

主な原因は暴飲暴食やストレス・喫煙・飲酒で、胃酸が食道まで戻ってくるため、酸味のあるゲップが出るほか、吐き気や胸やけが起こります。

逆流性食道炎は、現在20代30代の若い世代を中心に急増している病気です。

放っておくと食道がんのリスクが高くなるので、ゲップ以外に胸やけや吐き気など胃の不快感がある時は一度病院で診てもらいましょう。

慢性胃炎

慢性的に胃酸の分泌量が増え、胃粘膜を傷つけてしまう病気です。

慢性胃炎になると胃の働きが鈍るのでゲップが多くなるとともに、胃痛や胸やけ、食欲不振などの症状も現れます。

進行すると、胃潰瘍、胃ろう(胃に穴が開いている状態)、胃がんリスクが高くなります。

ゲップや胃痛・胸やけ以外に、強い吐き気や貧血・血便などの症状があれば胃潰瘍や胃がんが進行している可能性があります。

一刻を争うので、早急に病院で検査してください。

呼吸器の疾患

ポリープや悪性腫瘍が気道にできている場合、気道が狭くなるので吸った息が全て肺まで到達しづらくなります。

そうなると、逆流してゲップとなるか、いったん食道へ落ちて胃にたまったガスと一緒にゲップとして排出されるようになります。

呼吸器系の疾患でゲップが多くなる場合、呼吸しづらくなったり息切れがひどくなるなどの症状が出ます。

胃の不快感より呼吸の際の違和感が強い場合、呼吸器内科など呼吸器の専門機関を受診した方がいいでしょう。

 

ゲップの回数を減らす方法

普段よりゲップの回数が増えたと感じている人は、まず食生活と生活習慣を改善していきましょう。

そうすることで、胃の働きが正常に戻りゲップの回数を正常値に戻すことができます。

 

食生活の改善については、

  • カフェイン、アルコールなどが含まれる飲み物は控える
  • 脂っこい食事は控える
  • 食事の際は良く噛み、ゆっくり食べることを意識する

 

生活習慣の改善については、

  • たばこを控える(一気にやめるのが難しい時は本数を減らす)
  • 最低6時間以上の睡眠時間を毎日確保し、起きる時間を毎日同じにする

 

病気が原因でなければ、上記のように胃に負担をかける行動をなくすことでゲップの回数は減っていくはずです。

 

ちなみに、ゲップが増える大きな原因の一つがストレスです。

普段の生活でストレスを減らすことはなかなか難しいと思うので、

  • リラックスする時間を設ける
  • 適度な運動をする

といった方法で、溜まったストレスを解消する術を身につけてください。

 

一時的にゲップを減らすには胃薬が有効

ちなみに、一時的に胃の調子を整えてゲップを解消する方法として、胃薬の服用も効果的です。

早急にゲップを抑えたい場合、以下の市販薬も試してみましょう。

ガスター10

胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー(胃酸分泌抑制剤)です。

胃粘膜の修復を早めて胃の働きを改善し、胃痛や胸やけを改善します。

ガストール錠

胃酸の分泌を抑制し、出過ぎた胃酸を中和する胃腸薬です。

胃痛や吐き気など、胃の不快感を緩和するM1ブロッカー配合薬です。

スクラート胃腸薬

胃酸過多で荒れた胃粘膜の傷んだ部分を選んで修復してくれる胃腸薬。

様々なタイプの胃痛に効きます。

 

胃薬を飲んでゲップを解消する場合、効果は一時的なので根本的な治療にはなりません。

また、胃薬は依存性があるため常用は危険ですし、思わぬ副作用が起きることもあるので用法容量は必ず守ってください。

出来る限り胃薬を使用せず、生活習慣や食生活の改善で胃の調子を整えるようにしましょう。

 

まとめ

ゲップは食後1、2回程であれば生理現象で健康な証ですが、回数が異常に多い場合は病気のサインかもしれません。

ゲップと併せて胃痛や吐き気などを伴っていると、さらに病気の可能性が高くなります。

逆流性食道炎や慢性胃炎は多くの人がかかる病気なので、重篤な病気まで進行する前にちゃんと治療しましょう。

どんな病気でも早期発見が一番肝心です!

スポンサーリンク