常にトイレを意識して過ごさなければいけないので、憂鬱な気分になる辛い下痢…

一刻も早く下痢を解消したい時、身体を温めたり十分な休息をとることが大切ですが、同じくらい食べ物にも気を使う必要があります。

下痢解消に効果的な食べ物とその食べ方、また下痢の時は絶対に避けた食べ物などがあれば知っておきたいですよね。

今回、下痢でお腹の調子が悪い時、食べるべきものや食べてはいけないものを紹介します。

スポンサーリンク

下痢解消に有効な食べ物とは?

下痢解消に有効な食べ物とは、“消化されやすく腸内環境を整える食べ物”のことを言います。

腸が正常だと食べ物は腸内で栄養と水分に分解され、水分のほとんどは腸に吸収されるため固まった便が出ます。

しかし、下痢の時は腸が活発に動き過ぎている可能性が高く、それが原因で食べ物が腸内を移動する時間が早くなります。

 

腸の動きが活発になりすぎる原因は、

  • 暴飲暴食
  • 冷え
  • 辛い物やアルコールの摂りすぎ
  • ウイルス
  • ストレスによる自律神経のみだれ

などがあり、腸の動きが活発になると水分が十分に腸で吸収されず、便と一緒に排出されてしまうため下痢になるのです。

 

下痢の時に腸に負担をかけるような食べ物を食べるとさらに、症状が悪化することになります。

そのため、正常に動いていない腸内の運動(蠕動運動)に負担をかけないような食べ物をチョイスする必要があります。

 

下痢解消に有効な食べ物一覧

下痢解消に有効な食べ物とおすすめの食べ方を一覧でまとめます。

ただし、今から紹介する下痢に有効な食べ物は“慢性の下痢解消”に効果が期待できるものです。

慢性の下痢だと、長引く下痢のせいで身体が水分不足になり体力も消耗しています。

この時に、腸への刺激が少なくて消化も良く、下痢を解消するために腸内環境を整える食べ物を摂ることが下痢解消に効果的です。

 

急性の下痢は、慢性の下痢に比べて腸が活発に動くため、腸に食べ物を入れず半日~1日程絶食して休ませてあげた方が回復が早いです。

急性の下痢

ノロウイルスや細菌感染による食中毒、体の冷え・暴飲暴食・牛乳に反応する乳糖不耐症やアレルギーによるもの。

乳糖不耐症についてはこちらの記事に記載しています。

下痢なのに腹痛が無い原因は病気?対策としてできることは?

また、ウイルスや細菌による食中毒の場合、医師から適切なアドバイスと薬が処方されるので何か食べる前に病院に行くべきです。

スポンサーリンク

 

おかゆ

柔らかいので噛まずに食べてしまいがちですが、それでは唾液が十分に分泌されず消化に良くありません。

柔らかくともしっかり噛んで食べてください。

 

白身魚

脂肪が少なく、胃腸に負担をかけることがないのでおすすめ。

薄味の煮魚にして食べると、さらに消化が良くなります。

 

うどん

うどんは消化が良いので、下痢で体力の衰えている時に最適です。

煮込みうどんなどにすれば、さらに消化が良くなります。

ただし、うどんもおかゆ同様、柔らかくともしっかり噛んで食べましょう。

 

鶏のささみ

脂肪分が多い肉は下痢を悪化させますが、脂肪分が少ないささみは胃腸にかかる負担が少なく、さらに高タンパクで消化を助けてくれるため下痢解消に有効です。

蒸して薄めの味付けで食べるようにしましょう。

油炒めにすると消化が悪くなってしまうのでNGですよ。

 

豆腐

脂肪の少ない良質なタンパク源として、下痢解消に有効な食品です。

冷奴は体を冷やし下痢を悪化させるので、湯豆腐などにして食べるようにしましょう。

 

りんご・バナナ

食物繊維であるペクチンが腸の調子を整えて下痢を解消します。

りんごは消化を助けるため、すって食べることようにしましょう。

りんごやバナナは食欲不振の時でも食べれますし、便秘解消にも効果的な万能フルーツですね!

※関連記事

 

ジャガイモや里芋

ジャガイモや里芋にもペクチンが多く含まれているので腸内環境の改善に役立ちます。

また、よく煮て食べることで消化も良くなるので胃腸に負担をかけません。

 

下痢の時に食べてはいけないもの

下痢の時、絶対にNGな食べ物は、

  • 消化が悪い(胃腸に負担をかける)もの
  • 冷たい食品
  • 乳製品(体質にもよるが、下痢の時は食べないのが無難)

です。

 

具体的には、

  • 肉類(脂肪分の多い肉)
  • 揚げ物(フライやてんぷらなど)
  • 繊維の多い根菜類(さつまいもなど)
  • 貝類
  • 生野菜(サラダなど)

といった食べ物です。

 

下痢の時は腸内環境が悪く、食べ物を消化吸収する力が極端に弱まっている状態です。

上記に記載した、胃腸に負担をかける食べ物は絶対に控えましょう!

 

まとめ

下痢は腸に刺激を与える食べ物を避け、腸内環境を整えていくことで多くの場合解消されます。

また、腸内環境が整っていればウイルスや細菌に侵された時に菌の繁殖を抑える効果なども期待できます。

デリケートな腸を守るため、下痢でなくても「今日はお腹の調子が悪いな…」と思った時は今回紹介した食べ物を摂取することをおすすめします。

スポンサーリンク