ダイエットしても体重が減らない、厳しい食事制限や運動は苦手だけど痩せたい…そんな時、下剤がダイエットに使えないかと考える人がいます。

特に便秘の方は、下剤で便を出すだけで1キロ以上体重が減ることもあるので、下剤は密かに効果的だったりします。

しかし、下剤ダイエットは身を削り痩せる方法なので、他のダイエット効果より副作用が大きく、体への負担も大きいです。

例え痩せるとしてもおすすめできない理由がたくさんあります!

今回、下剤ダイエットの方法と危険性についてまとめてみました。

スポンサーリンク

下剤ダイエットとは?

下剤ダイエットは食べたものを下剤で強制的に排出して、体内で栄養が吸収される時間を短かくします。

そして、食べてはいるけれど、ほぼ食べていないような状態にして無理やり痩せようとする方法です。

特に便秘の人は腸の中に溜まった便を下剤で強制的に排出するので、一時的に体重が減る可能性は高いです。

下剤ダイエットは運動やきつい食事制限の必要もないので、比較的楽に痩せられる方法と捉えている人も多いようです。

しかし、便秘解消以外の目的で下剤を乱用することは、体への負担や副作用の危険性が大きいのでメディアや病院で進められることはありません。

絶対に自己責任で行うべきダイエット法です。

 

下剤ダイエットの方法

下剤ダイエットを行う場合、飲む下剤と期間に注意が必要です。

飲む下剤ですが、お腹に優しく副作用の少ない“植物性”のものを服用してください。

おすすめはコーラックです。

 

コーラックは“ビサコジル”という成分が、腸内の蠕動運動を高めて便意を促します。

下剤初心者の方には、少ない量から調節でき、甘くて飲みやすくなっている「コーラックファースト」がおすすめです。

その他、植物性の下剤では、新ウィズワンもコーラックと同じく副作用が少ないので下剤ダイエットには使いやすいです。

両方を試してみて、効果を実感できたり副作用が起きなかった下剤を選ぶといいでしょう。

※関連記事

新ウィズワンの効果を口コミで確認!効く時間や副作用の心配は?

ダイエット期間

ダイエットを実践する期間は1週間で、これは絶対に守ってください!

1週間以上続けると腸の動きが鈍くなり、下剤なしでは便意が起きない下剤依存症に陥る可能性があるので危険です。

※関連記事

便秘薬の恐ろしい副作用!漢方でも安心してはいけない!

方法は簡単、就寝前に1回の規定量(コーラックファーストなら1~4錠)を飲むだけです。

これを1週間毎日続けてください。

最初は規定量の一番少ない量から始め、症状によって規定量内で調節するようにしましょう。

下剤ダイエットは、稀に3キロ以上痩せる人もいるようですが、少なくても1キロ弱は痩せることができます。

私は、コーラックを1週間飲み続けて1キロのダイエットに成功しました!

即効性があって嬉しいダイエット法ではありますが、少しでも体に異常が現れたら、すぐに中止してください。

スポンサーリンク

下剤ダイエットの効果は一時的

下剤ダイエットでやせるのはホントですが、下剤を飲むのをやめるとリバウンドしないか気になりますよね。

実は、下剤ダイエットの効果は一時的でリバウントしやすいといわれています。

最初にお伝えした通り、下剤ダイエットは身体が食べ物の栄養を吸収する前に強制的に排出させ、なかったことにしてしまうダイエットです。

 

ただ、下剤は大腸を刺激して排便させる効果のある薬です。

食べ物の栄養(太る原因となる糖など)は小腸で吸収されるため、大腸では吸収が終わった食べ物のカスや水分しか排出させられません。

下剤ダイエットで痩せたというのは、宿便や水分だけを排出して体重が減っている状態といえます。

そのため、下剤を飲むのをやめて便が腸に溜まると体重はすぐ元に戻ります。

 

下剤ダイエットには副作用が付きまとう!

下剤ダイエットは、毎日下剤を飲み続けるので、その分、副作用も起こりやすいです。

どのような副作用が起きるのか、その危険性を知っておきましょう。

下剤依存症

下剤ダイエットで最も気をつけるべき副作用が下剤依存症です。

下剤は常用すると身体に耐性ができるため、規定量では効かなくなり、飲む量がだんだん増えてきます。

飲む量が増えると、腸への負担も大きくなり腸機能がどんどん低下します。

その結果、下剤なしではうまく排便できなくなり、下剤に依存してしまうようになります。

 

また、ダイエット目的で下剤を使用すると、体重が増加することへの恐怖心から下剤をやめられなくなる場合もあります。

こうなると摂食障害といえるので治療が必要となります。

強い下痢

便秘でもないのに下剤を服用すると、消化不良を起こし強い下痢になる他、それに伴う腹痛や脱水などの症状が現れます。

低ナトリウム血症

便とともにミネラルの一種であるナトリウムが体外に排出されてしまい、虚脱感や疲労感、頭痛、めまい、精神不安定などを引き起こします。

腸の病気リスクが高まる

下剤は強制的に腸の活動を高めて便を排出させるため、腸にかなり負担をかけます。

そのため乱用すると腸が疲れてしまい、機能低下を招きます。

また、腸内環境を良好に保ってくれる細菌である善玉菌まで便と一緒に排出してしまい腸内環境の悪化も招きます。

これらが原因で、便秘を始め、癌など恐ろしい病気のリスクを高めます。

 

まとめ

下剤を服用するとダイエットと便秘解消、両方の効果が期待できるので女性にとっては魅力的かもしれません。

しかし、この効果は一瞬だけですし、下剤を乱用するリスクが高すぎるため絶対におすすめはできません。

危険な下剤ダイエットに手を出す前に、普段の生活の見直しから始めてみてはいかがでしょう?

栄養バランスの良い食事と適度な運動を行うだけで、きっと下剤ダイエットで痩せるのと同じくらい、またはそれ以上の効果を実感できるはずです。

スポンサーリンク