地味に気になるものの、なかなかじっくり見たり触ったりする機会がない、へそのゴマ。

その正体はもちろん、取ると腹痛が起きるなんていわれるので、下手に触ることができずにいる人も多いと思います。

またへそのゴマを取ったりニオイをかいだ経験がある人で、「悪臭がした」なんて方はいませんか?

へそのゴマがくさいのは異常なのでしょうか?

今回、へそのゴマの正体やくさいのは異常なのか、また取った場合のリスクをお伝えします。

スポンサーリンク

へそのゴマの正体とは?くさいのは異常?

へそのゴマとは、へその中にたまっているゴマのような丸い小さな塊をいいます。

誰でも一度は気になり触ったり取ろうとしたことがあると思いますが、実はへそのゴマはかなりくさいです。

 

へそのゴマの正体は、おへその中にたまった垢や衣類の繊維などが絡まってできたもの。

おへそは平ではなく凹んでいるため、構造上垢やほこりが溜まりやすいですし、誰にでもできるものです。

また垢やほこりなどがおへその中に何日もたまり続けるため、そこに雑菌が繁殖してニオイがきつくなります。

 

へそのゴマの正体が分かると、くさいのは異常ではないことが分かりますよね。

でもへそのゴマは衛生上良くないものだと分かったので、早急に取ってしまった方がいいのでしょうか?

 

取ると腹痛になるってホント?

おへそは生まれた時に切るので、へそのゴマは血豆みたいな体の内部から発生するものだと思っていた人も多いのではないでしょうか?

でも正体は垢や繊維だと分かったので、身体を洗う感覚で石鹸を使っておへそもキレイにした方がいいと思いますよね。

 

実は、おへそをゴシゴシ擦ってへそのゴマを取ろうとすると、腹痛になる可能性があります。

おへその内側には”腹膜”という臓器を守る膜があり、腹膜には多くの神経が集まっています。

むやみにへそを刺激する行為は腹膜に通っている神経を刺激するため、腹痛が起きる場合があるのです。

スポンサーリンク

へそのゴマは取らない方が良い?

へそを刺激すると腹痛になる可能性があるので、放置しておく方がいいのか…と思うかもしれません。

ただ、へそのゴマの正体が分かった今、放置するのは精神的に気持ち良いものではないですよね。

 

またへそのゴマは皮脂や垢、ほこりの塊なので、手入れを全くしないでいると雑菌が繁殖して、おへその炎症につながる恐れがあります。

へそのすぐ下に腹膜があることを知った上で、おへそに炎症が起きると考えると非常に怖いですよね…

パートナーがいる方だとおへそのニオイを嗅がれるタイミングもあるかもしれないので、そんな時にくさいのは絶対にNGです。

そのため、へそのゴマは正しい取り方で取り除くことをおすすめします。

へそのゴマの正しい取り方

へそのゴマの正しい取り方について、まとめていきます。

準備するもの
  • オリーブオイル、ベビーオイルなどの肌に優しいオイル
  • 綿棒
  • 柔らかいガーゼやキレイな布
取り方
  1. たっぷりオイルをしみこませた綿棒やガーゼでへそを覆い、垢やへそのゴマをふやかす
  2. ふやけきったへそのゴマや垢をガーゼやキレイな布で拭き取る

 

“へそのゴマを取り除く!”というより、“おへその手入れをする”くらいの優しい気持ちで行うことが大切です。

とにかくキレイにしたいからといっておへそをイジりすぎたり、ゴシゴシ擦って取ると腹痛の原因になる場合もあります。

お手入れの頻度も多くても月1回までにして、とにかくおへそを傷つけないように気をつけて手入れしましょう。

 

ちなみに今まで自己流でへそのゴマを取り除いていた人からすると、「腹膜を刺激すると内臓に悪い影響があるの?」なんて思うかもしれません。

さすがにへそを擦るくらいで内臓がダメージを受けることはないので安心してほしいですが、今後は正しい取り方でへそのゴマを取り除くようにしましょう。

 

まとめ

へそのゴマの正体は身体から出た垢や衣服についている繊維、ほこりが固まったものだと分かりました。

いくらへそのゴマが汚いものとはいえ、おへそは非常にデリケートなパーツなので、掃除のし過ぎは禁物です。

かといって放置すると炎症を起こす可能性もあるので、1~2カ月に一度の頻度でお手入れしてキレイな状態を保つようにしましょう。

スポンサーリンク