花粉症の症状といえば、くしゃみ・鼻水・目のかゆみが有名ですが、下痢や腹痛を伴うこともあるのも知っていますか?

「下痢や腹痛は、花粉症ではなく風邪じゃない?」なんて思うかもしれませんが、花粉症の時期だけお腹の調子が悪くなるのは花粉が原因の可能性もあります。

花粉症と併せて下痢や腹痛に苦しんでいる人は、きちんと下痢・腹痛が起きる原因と対処法を知っておくべきです。

今回、花粉症が原因で起こる下痢・腹痛のメカニズムや即効性の高い対処法をまとめました。

スポンサーリンク

花粉症が原因で下痢や腹痛になるメカニズムは?

呼吸によって体内へと入り込んでしまった花粉は、最終的に腸へたどり着きます。

私たちの身体は花粉を“異物”と認識するため、腸まで花粉が到達した場合、腸内で異物を排出するための防衛反応が起こります。

その結果、鼻水や涙と同じように腸内の異物を一刻も早く外に出そうとして、下痢や腹痛が起きるのです。

ちなみに、花粉は腸だけでなく胃も通過するので、胃でアレルギー反応が起きると胃痛や吐き気に襲われることもあります。

 

鼻水や目のかゆみなどに比べ、花粉症で下痢などの症状を訴える人が少ないのは、触れる花粉の量が違うためです。

鼻・口・目は花粉が体内へ入る入口でたくさんの花粉に触れるので、症状がより激しく表れるということですね!

内臓からのアレルギー反応は意外と見落とされがちですが、下痢や腹痛も花粉症によって引きおこる症状の一種といえます。

そのため、花粉症の症状を抑える薬を飲んだとたん、下痢や腹痛がマシになるケースもあるようですね。

花粉症による下痢や腹痛はストレスからくる場合も…

花粉症で起きる下痢や腹痛は、原因が花粉によるアレルギー反応ではなくストレスの場合もあります。

花粉症になると目のかゆみや鼻水でイライラが続きますし、それが原因で寝不足になることも多いですよね。

身体がストレスを受け続けると、消化器官の働きを調節している自律神経が乱れます。

その結果、消化器官の働きが悪くなり腹痛や下痢を引き起こすのです。

※関連記事

下痢になりやすい人に共通する原因は?体質も関係してる?

 

花粉症による下痢や腹痛を予防するには?

腸内には免疫力に関係する細菌である「善玉菌」と「悪玉菌」が住み着いています。

善玉菌が増えると腸の蠕動運動が促され、便秘の解消や免疫細胞の働きも活性化するため腸内環境が良好になります。

しかし悪玉菌が増えると腸内の有害物質が増えるため、腸内環境が悪化し、免疫力の低下など様々な身体のトラブルを招きます。

 

腸内環境を整えるには善玉菌を優勢に保つことがとても重要です。

腸内環境が良ければ花粉を便と一緒に体外に排出する作業がスムーズに進むので、少々花粉が腸に侵入したくらいでは下痢や腹痛は起こりません。

ただ、腸内環境が悪いと腸の働きが鈍くなるので、花粉を体外に排出する作業がスムーズに進まず花粉の刺激により下痢や腹痛が起こります。

毎年、花粉症に苦しんでいる方は早めの花粉症対策と併せて、腸内環境を整えておくようにしましょう。

※関連記事

 

腸内環境を整える方法は様々ですが、特に大切なのは以下の3点です。

  • 納豆やヨーグルトなどの発酵食品を意識して摂取する
  • 規則正しい生活をし、適度な睡眠や運動をする
  • お菓子類の摂取を控える(できれば食べない方が良い)

これらを心がけるだけで腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことができます。

スポンサーリンク

 

花粉が原因の下痢・腹痛の対処法

花粉症による下痢や腹痛が襲ってきた場合、どう対処すればいいのか…

まず、花粉症の症状を抑える薬を服用し、下痢や腹痛が改善するか様子を見るようにしましょう。

病院に行く時間がない場合、近くのドラッグストアで薬剤師の方に「花粉症で下痢や腹痛が起きているかもしれない」と伝え、おすすめの市販薬を紹介してもらいます。

併せて、下痢や腹痛の原因となる花粉を吸いこまないようにするのが一番の治療となるので、以下の対策を徹底して行います。

外出時はマスクを着用する

なるべく外出は控えたいところですが、外出する際はマスクやゴーグルをして花粉が体内へ侵入する量を減らしましょう

帰宅時、衣類をはたく

玄関先で衣類をはたくことにより、衣服の花粉が落ちて室内への持ち込みを少なくします

こまめな手洗いうがいを心がける

体内に侵入しようとする花粉をできるだけ早く、手やのどに付いている段階で取り除くようにします

室内の掃除をまめにする

掃除の際に窓を開けると花粉が室内に侵入するので閉めたまま行います。空気清浄器をオンにして室内の空気をきれいに保つのも効果的です

洗濯物は室内に干す

洗濯物や布団を外に干すと花粉が衣類に付着します。布団は日当たりの良い窓際に干すだけで十分に殺菌されます

 

併せて下痢や腹痛が続いている時は、バナナやみかんなど便が柔らかくなる食べ物は避けた方がいいです。

うどんやおかゆなど、消化に良いものを食べて下痢の回復を早めましょう。

※関連記事

下痢が続く原因3選!解消するために最も有効な方法を紹介

 

まとめ

厳しい冬が過ぎ、せっかくポカポカと気持ち良い季節になったというのに…花粉症ってホントに辛いです。

目のかゆみや鼻水だけでも十分なほど辛いのに、そこに下痢や腹痛まで加わると「いっそ冬に戻ってほしい!」なんて思ってしまいますよねw

下痢や腹痛の原因は花粉症以外にもたくさんあるので、症状が悪化したり、薬を飲んでも治らない時は早めに病院へ診察に行ってくださいね。

スポンサーリンク