ケールは“野菜の王様”とも呼ばれる栄養満点な野菜ですが、まだまだ一般的には知名度が低いです。

知っている人は真っ先に便秘解消効果をイメージすると思いますが、なぜケールで頑固な便秘が解消しやすくなるのでしょう?

またケールは多くの栄養素を含む野菜だけに、食べ過ぎによる副作用が懸念される栄養素もあります。

今回ケールの便秘解消効果や食べ過ぎによる副作用についてお伝えします。

スポンサーリンク

野菜の王様“ケール”とは?

私も「ケール」という名前は聞いたことがあるものの、便秘解消について色々調べるまではよく知らない野菜でした。

昔の私同様、ケールをよく知らない人のため、ざっくりケールの説明をしておきますね。

 

ケールとはアブラナ科の植物で、見た目はキャベツに似ています。

他の野菜に比べ栄養価がずば抜けて高いことから、「野菜の王様」とも呼ばれています。

ケールに含まれる主な栄養素とその効果
  • 食物繊維 → 便秘解消
  • βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE → 抗酸化作用による病気予防
  • メラトニン → 快眠のサポート
  • カルシウム → 骨の健康維持、イライラ解消
  • カリウム → むくみ解消、高血圧の予防・改善

 

しかし残念なことに、ケールには万人受けしない苦み・青臭さがあります。

苦味と青臭さのせいで普段食用として食べる機会はまずない野菜ですが、このデメリットを抑え簡単に摂取できる方法があります。

それがケールをすりつぶして飲めるごくごく飲める“青汁”です。

青汁にしても飲みにくさはありますが一瞬だけ我慢すれば摂取できるので、ケール配合の青汁は健康食品として人気です。

 

ケールはなぜ便秘解消に効果的?

ケールが便秘解消に有効な野菜として注目される一番の理由は、豊富な食物繊維です。

食物繊維含有量はキャベツの約2倍で、100g当たり水溶性食物繊維が0.5g、不溶性食物繊維は3.2g含まれています。

水溶性食物繊維には便に水分を含ませて柔らかくする作用、不溶性食物繊維には便のかさを増し、排出を促す作用があります。

※関連記事

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の効果!多い食品TOP10は?

 

食物繊維は水溶性と不溶性で働きが異なるため、便秘解消するには不溶性2:水溶性1の割合で摂取するのが理想的とされています。

不溶性・水溶性食物繊維のバランスが偏ると、例え野菜をたくさん食べ食物繊維をきちんと摂取していても便秘は解消しません。

※関連記事

野菜で便秘は治らない?悪化する原因や解消するためのポイントは?

ケールは食物繊維が多いだけでなく水溶性・不溶性の両方を含んだ野菜なので、便秘解消に効果的と言えるのです。

スポンサーリンク

 

ケールの食べ過ぎが原因の副作用に注意!

栄養満点で便秘解消に効果的なケールですが、含まれる栄養素の中で取り過ぎると副作用が起きる可能性がある成分があります。

それが「鉄分」と「ビタミンK」です。

鉄分もビタミンKも健康維持に必要な栄養素の1つですが、摂取量を守らないと副作用が起きる可能性があります。

鉄分

血液(赤血球)を作るミネラルで、不足すると貧血を起こしやすくなります。

ケールには多くの鉄分が含まれているため、生理等で鉄分不足になりやすい女性にも非常におすすめできる野菜です。

しかし鉄分を取り過ぎると“鉄中毒”になり、下痢や吐き気といった症状が起きます。

 

鉄分の1日分理想摂取量は成人男性が10mg、成人女性は12mgです。

ケールには100g当たり1.5mgの鉄分が含まれています。

ビタミンK

鉄分同様、体に必要不可欠な栄養素の1つですが、血栓を予防する薬を常用している方は取り過ぎNGな成分です。

ビタミンKは怪我をした時、傷口の血を固める作用があります。

この作用が心筋梗塞や脳梗塞予防のために処方される、“血栓(血液の固まり)を予防する薬”の効果を軽減させてしまうのです。

 

ビタミンKの成人男性・女性の1日分摂取量は150μgが理想とされており、ケールには100g当たり200μgのビタミンKが含まれています。

数値を見ると分かりやすいですが、ケールは大量のビタミンKを含んでいるため、薬を飲んでいる人は摂取を控えるべきでしょう。

 

また上記以外の栄養素も過剰摂取によって効果が倍増する成分はありません。

各種栄養は1日分の理想摂取量を毎日続けて摂り続けることが、健康維持において最も大切です。

 

ケールはスーパーやコンビニで手軽に買える食品ではないため、ドラッグストアや通販で青汁として購入する場合が多いです。

そのため取り過ぎによる副作用を防ぐには、青汁のパッケージに記載されている摂取量を守るだけで十分です。

摂取量を守り毎日ケールを飲み続けることで、便秘解消や健康維持効果を実感できるようになるはずです。

 

まとめ

ケールは栄養価が非常に高い野菜で、効能も便秘解消以外にたくさんあることが分かりましたね。

ケールに限った話ではないですが、例え健康に良い食べ物でも食べ過ぎは厳禁です。

頑固な便秘に悩んでいる人はドラッグストアや通販でケール入り青汁を購入し、最低でも3週間以上試してみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク