キムチはヨーグルトや納豆と同じ発酵食品で、乳酸菌が豊富な食品としても有名ですよね。

発酵食品は便秘解消に効果的と言われていますが、“キムチが便秘解消に効果的!”とはあまり聞いたことがありません。

それどころかキムチには唐辛子が大量に含まれているので、食べ過ぎると胃痛や下痢の原因になりそうな気もしますが…

今回キムチは便秘解消に効果的な食品といえるのか、また食べ過ぎによるデメリットや正しい食べ方についてお伝えします。

スポンサーリンク

キムチは便秘解消に効果的な食べ物!

結論からいえばキムチは発酵により生まれた植物性の乳酸菌が腸内環境を整えるため、便秘解消に効果的な食べ物といえます。

またキムチに含まれる白菜には不溶性食物繊維が豊富で、便のかさを増し腸壁を刺激することで便通も促します。

乳酸菌+食物繊維を一品で補えるキムチはまさに便秘解消にピッタリの食べ物で、食べ続けることで便秘解消に貢献する可能性は高いといえるでしょう。

 

ちなみにキムチに含まれる植物性乳酸菌はヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌と違い、非常にタフで生きる力が強い乳酸菌です。

動物性乳酸菌は腸に到達する前に胃酸の攻撃で多くが死滅しますが、植物性乳酸菌は胃酸にも強く、多くが生きて腸に到達します。

そのためキムチは乳酸菌食品の代表とよばれるヨーグルトより、効率良く乳酸菌を摂取できる食品といえるのです。

 

ただし動物性乳酸菌は胃酸の攻撃で死滅しても、腸に到達すると腸内環境を整える善玉菌のエサになります。

”キムチだけを食べ続ければ乳酸菌摂取は完璧”というわけではないので、乳酸菌も植物性と動物性をバランス良く摂取することを心がけてください。

※関連記事

 

キムチの食べ過ぎで胃痛や下痢になる?

キムチに含まれる唐辛子は刺激物なので食べ過ぎると身体に害を及ぼします。

胃や腸を刺激して胃痛・下痢を引き起こすばかりか、便秘を悪化させる可能性もゼロではありません。

キムチの食べ過ぎによって起きる副作用をみていきましょう。

 

便秘になる

私たちの身体はカリウムイオンとナトリウムイオンが一定のバランスを保つことで、筋肉の働きを正常な状態で維持しています。

しかしキムチには塩分(ナトリウム)が大量に含まれるため、取り過ぎるとナトリウムイオンが増えてバランスが崩れます。

そうなると筋肉の働きが正常に行われなくなり、便の排出機能が異常をきたし便秘が悪化します。

キムチに限った話ではないですが塩分の取りすぎは便秘が悪化する原因になるので、便秘体質の方は特に注意してください。

 

胃痛や下痢の原因になる

キムチは唐辛子が大量に使われているため、取り過ぎると辛み成分のカプサイシンが消化の過程で胃や腸など消化器官に刺激を与えます。

胃に取り込まれたカプサイシンは胃酸の分泌を活性化させ、大量に分泌された胃酸は胃の粘膜を溶かし胃壁を傷つけるため、胃痛を引き起こします。

またカプサイシンが腸に到達すると、腸を刺激して排便を促す運動である蠕動運動を活性化させます。

そうすると腸が便に含まれる水分を十分に吸収する前に排出させようとするので、下痢を引き起こします。

 

カプサイシンは体内で消化できない成分ですが、少量なら胃痛や下痢の心配なく便と一緒に体外へ排出されます。

ただ量を摂取するほど消化を邪魔する可能性が高くなり、刺激による胃痛や消化不良による下痢を引き起こすのです。

スポンサーリンク

キムチの理想的な食べ方!1日分の適量は?

キムチを食べて便秘解消効果を得るには食べ過ぎないことが大切で、1日分の適量は小皿一杯程度(50~80g)で十分です。

またキムチだけでなくヨーグルトや納豆など、他の発酵食品と合わせて摂取するようにしてください。

 

おすすめの食べ方は“キムチ納豆”で、納豆を混ぜた後にキムチを乗せて一緒に食べます。

納豆の原料である大豆には不溶性・水溶性食物繊維がバランス良く含まれており、大豆オリゴ糖という腸内の善玉菌のエサになる成分も豊富です。

キムチと納豆を併せて食べると、少ない量で効率良く便秘解消に有効な成分を摂取できます。

 

ただし納豆のタレは塩分が多いので、キムチと一緒に食べる場合は量を少なくするか、可能ならタレはかけないでおきましょう。

もし便秘解消効果をさらに高めたいのなら、味の保証はできませんがキムチ納豆+オリーブオイルの組み合わせが最強です。

※関連記事

オリーブオイルで便秘解消!摂取量の目安と飲む時間はいつ?

 

ちなみに乳酸菌は熱に弱いので、キムチを加熱して食べるのもNGです。

キムチをチャーハンの具材として一緒に炒めたり、豚キムチにして食べると便秘解消が落ちるので、食べる時は加熱せずに食べるようにしてくださいね!

※関連記事

キムチの賞味期限切れ!開封後いつまでいける?食中毒の危険は?

 

まとめ

キムチは便秘解消に有効な食品ですが、効果を得られるのは1日分の適量を守り、毎日食べ続けた場合のみです。

そもそもキムチやヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は取り過ぎても意味はありません。

※関連記事

乳酸菌のとりすぎは危険?1日の摂取量やとるタイミングはいつ?

 

またキムチには刺激成分カプサイシンが多く含まれているため、食べ過ぎは危険です。

便秘に悩んでいる人は正しい食べ方で最低でも2週間以上キムチを食べ続け、便秘解消に効果があるのか確認してみましょう!

スポンサーリンク