空腹時の運動は効果がなく、場合によっては危険を伴うことは知っていますか?

特に筋トレなど激しい運動を行うと、せっかく付いた筋肉まで減らしてしまう恐れがあります。

もし、空腹時の運動がダメというのであれば、反対に満腹時に運動するのはどうなのでしょうか?

今回、空腹時・満腹時の運動の危険性について、また運動に適した時間帯についてまとめていきます。

スポンサーリンク

空腹時の運動はなぜ危険?

空腹時に筋トレなど運動をするのは、危険なだけでなく逆効果だとまで言われています。

空腹時は血液中の糖分量が下がっているため、運動するためのエネルギーを十分に供給することができません。

エネルギー不足の状態で運動すると、貧血やめまいを起こす危険性だけでなく、オーバーロードでケガをすることもあります。

 

空腹時の筋トレで筋肉が減る?

空腹時以外の時は体内にエネルギーが蓄えられている状態なので、蓄えたエネルギーと脂肪を分解して得られるエネルギーを運動に使います。

しかし、空腹時はエネルギー不足の状態なので、運動するときは素早くエネルギーを生産して供給しないといけません。

そんな時、身体は分解効率の悪い脂肪より、効率の良い筋肉を分解して素早くエネルギーを生産しようとします。

 

そのため空腹時に筋トレすると、筋肉を付けるどころか減らしてしまう原因になるのです。

また、空腹時の運動は脂肪が燃焼されないためダイエットの効果も薄くなります。

 

空腹時がダメなら満腹時の運動がいい?

気をつけてほしいのが、“空腹時がダメなら満腹時に運動すると良い!”というわけでもありません。

食後すぐの満腹時は、胃が活発に動いて食べたものを消化しているため、そんな時に筋トレなど激しい運動をすると消化不良を起こします。

また、満腹時はエネルギーの多くが消化作業に使われているので運動の効果も薄くなりがちです。

スポンサーリンク

 

運動するのにベストな時間帯は?

空腹時・満腹時の両極端に運動するのはNGというこが分かったところで、一番効果が期待できる時間についてですが、食後2~3時間の間になります。

この時間は、食べたものをエネルギーに変換できる時間で、なおかつ胃の消化作業も落ち着いているため、運動するのに最も適しています。

ちなみに、筋肉が一番活性化する時間は夕方~21時頃と言われているので、筋肉トレなど激しい運動をする方はこの時間帯に行うと効果倍増ですよ。

 

小腹が空いている状態で運動する前に…

食後3時間以上経ち軽い空腹状態で運動する場合、以下の食べ物・飲み物を摂取してから運動すると貧血やケガなどを防ぐ効果が期待できます。

バナナ

バナナは炭水化物をエネルギーに変える効果と、カリウムが含まれているので筋肉を保持する効果が期待できます。

また、カリウムは体内の水分を排出する効果もあり血管の圧迫を防ぐので高血圧の予防にもなります。

バナナ一本を食べてから運動することで、回復の効果と筋肉の強化を得ることができます。

ドライフルーツ

鉄分が多く含まれているため、貧血予防効果が期待できます。

また、バナナと同じくカリウムも多く含まれているので、高血圧の予防にもなります。

カフェイン

コーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンクなどに多く含まるカフェインは、

  • 脂肪の分解促進
  • 集中力アップ
  • 疲労回復
  • 眠気覚まし

などの効果が期待できます。

摂取後30分~1時間で効き目が現れ、4~6時間程、効果が持続するので運動前にうまく取り入れるといいでしょう。

フルーツのスムージー

消化が早く、たんぱく質を手軽に摂取できます。

また、食材に含まれている食物繊維は水分を含むと膨らむため腹持ちもよくなります。

レモンやリンゴに含まれるクエン酸はエネルギー代謝を促す作用もあるので、疲労回復にも効果的です。

 

まとめ

空腹時・満腹時の運動は、百害あって一利なしであることが分かりましたね。

筋トレやダイエットの効果を最大限高めるため、これからは食後2~3時間後を意識して運動してみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク