発酵食品が健康に良いのは周知の事実ですが、味噌も例外ではなく発酵の過程で乳酸菌・麹菌・酵母菌など、色んな菌が増殖して私たちの健康をサポートしてくれます。

今回は味噌に含まれる乳酸菌をピックアップしてその効果をお伝えしますが、乳酸菌を含む食品の代表として思い浮かぶのがヨーグルトです。

味噌の乳酸菌はヨーグルトに含まれる乳酸菌と種類が違いますが、含まれる量も変わるのでしょうか?

また乳酸菌は熱に弱いとされていますが、味噌の最もポピュラーな食べ方が“みそ汁”です。

確実に加熱して味噌を摂取する形になるので、含まれている乳酸菌は大丈夫なのかも気になります。

スポンサーリンク

味噌の乳酸菌の種類と効果

味噌の乳酸菌はヨーグルトに含まれる乳酸菌と種類が異なり、「テトラジェノコッカス・ハロフィルス」という名称です。

テトラジェノコッカス・ハロフィルスは大豆製品に共通して含まれるので、味噌以外に醤油でも摂取できます。

ヨーグルトの乳酸菌は「シロタ株」や「R-1」など色んな種類がありますが、味噌に含まれる乳酸菌は上記の1種類のみ。

 

乳酸菌の中でも味噌に含まれるテトラジェノコッカス・ハロフィルスは塩分に強く、味噌のpHを下げる役割も持っています。

味噌のpHを下げると防腐効果が高まり、塩分のみで防腐する場合と比べ効果は2倍以上になります。

また乳酸菌が糖を分解して乳酸を作ることで、酵母の活動が活発になり味噌自体の味や色味がマイルドになります。

 

味噌は乳酸菌のおかげで保存が効くようになり、さらに美味しさもキープできているという訳ですね!

乳酸菌は私たちの健康維持に役立つのはもちろん、味噌の味や見た目を良くするためにも必要な成分といえるのです。

 

味噌の乳酸菌が体にもたらす効果とは?

乳酸菌には腸内環境を整え、便秘や下痢などお腹のトラブルを改善する働きがありますが、味噌の乳酸菌も同じ働きが期待できます。

腸内環境が整えば身体が腸内に侵入した病原菌などの異物を素早く察知し、対応できるようになるため免疫力も上がります。

 

ただし乳酸菌には即効性がなく、体内に溜め込むこともできません。

整腸作用や免疫力アップなど乳酸菌の効果を得るためには、毎日乳酸菌を摂取して体内に取り込み続ける必要があります。

便秘や下痢で悩んでいる人は、毎日意識して乳酸菌の摂取を続けるようにしてください。

スポンサーリンク

味噌に含まれる乳酸菌の量は?

味噌はヨーグルトのように量を食べることができないので、取り込める乳酸菌の量はヨーグルトと比べると劣ります。

また味噌の大量摂取は塩分の過剰摂取になるため、健康面からみてもおすすめできません。

味噌の1日分摂取量の目安は、塩分量で換算して男性8g以下、女性7g以下が理想です。

(上記数値は1日分の塩分摂取量の理想なので、味噌以外から摂取する塩分も考慮すると、多くても上記数値の半分以下に抑えましょう)

 

ただ味噌の乳酸菌はヨーグルトなど乳製品に含まれる“動物性”の乳酸菌でなく、植物由来の“植物性乳酸菌”です。

動物性乳酸菌は腸に到達する前に胃酸により多くが死滅しますが、味噌やキムチに含まれる植物性乳酸菌は生きる力が強いため胃酸に耐え、生きて腸に到達します。

※関連記事

キムチは便秘解消に効果的?食べ過ぎると胃痛や下痢になる?

そのため“量より質”という考え方をすれば、味噌の乳酸菌は非常に良質で効果の高いものといえるでしょう。

 

味噌を加熱しても、乳酸菌は大丈夫?

味噌に含まれる植物性乳酸菌は生きる力が強いといえども、高温で過度に加熱すると死滅して効果を失います。

味噌を使う家庭料理の代表は“みそ汁”なので、私たちは知らないうちに乳酸菌を死滅させて摂取していることになります。

 

「味噌の乳酸菌はみそ汁以外の料理で摂取するしかないの?」と思うかもしれませんが、調理手順にさえ気をつければ大丈夫です!

みそ汁で味噌の乳酸菌を少しでも多く摂取するには、味噌を入れるタイミングを調理の一番最後にしましょう。

具材やだしを入れて調理した後、火を消すタイミングで味噌を入れると、大量の乳酸菌が死滅するのを防げますし、味噌の風味も損なわれず美味しく頂けます。

みそ汁以外に、味噌炒めなど他の加熱料理を作る場合も、味噌は調理の最後に入れるようにしてください。

 

ちなみに味噌の乳酸菌を効率良く摂取したい場合、野菜や冷ましたご飯につけて食べるのがおすすめです。

味噌をそのままつけることに抵抗がある人は、もろみ味噌なんかにして食べると美味しく頂けると思いますよ!

 

まとめ

普段何気なく食べている味噌には質の高い乳酸菌がたくさん含まれるため、腸内環境を改善する効果が非常に高いです。

ただし毎日摂取を続けないと効果が得られないですし、熱に弱いので調理の際は極力加熱を控えるようにしてください。

正しい調理方法と食べ方で味噌の乳酸菌を摂取して、腸内環境の改善と病気知らずの身体を目指しましょう!

スポンサーリンク