一言で腹痛といっても痛む場所は様々ですが、多くの人が一度は悩まされた経験があるのが”みぞおちの痛み”です。

みぞおちが痛いと原因は胃にあると思いがちですが、実はみぞおち付近には様々な臓器が密集しているため、真ん中や左右など痛む場所により原因が変わってきます。

急なみぞおちの痛み・慢性的なみぞおちの痛みに悩まされている方は痛む場所を把握し、どの臓器に問題があるのか、ある程度予想できます。

今回、胃以外の病気が原因の場合もある”みぞおち痛”について、考えられる病気とみぞおちの痛む場所をまとめていきます。

スポンサーリンク

みぞおちの真ん中・左右にある臓器は?

みぞおちとは一般的には”あばら骨の間にある胸のくぼみの部分”を指しますが、この周辺には以下の様に様々な臓器が位置しています。

 

  • 胃(左・真ん中)
  • 肝臓(真ん中・右)
  • 膵臓(左・真ん中)
  • 食道(真ん中)
  • 十二指腸(真ん中下)
  • 胆のう(右)
  • 胆管(右)

 

みぞおちの真ん中に位置する臓器だけをみても胃以外に膵臓や食道があるため、「みぞおちが痛い!」と一言でいっても多種多様な原因が想像できるのは一目瞭然です。

最終的に病院で診てもらうのは前提として、異常が起きている臓器がどこなのか見極めるためには、みぞおちで痛む場所が一つの判断基準になります。

 

みぞおちの痛む場所を真ん中と左右に分け、考えられる病気を紹介していきます。

 

みぞおちの真ん中・左が痛む場合、原因は”胃”!

みぞおちのど真ん中や左側が痛む場合、

  • 食べ過ぎ・飲み過ぎによる消化不良
  • ストレス・体調不良・生活習慣の乱れによる胃荒れ
  • 身体の冷え

これらが原因で胃痛が発生している可能性が高く、胃薬の服用で効果を得ることができます。

※関連記事

胃薬の飲み過ぎで起きる副作用まとめ!常用がよくない理由は?

 

ただ胃痛といっても、下記の様な病気や寄生虫が原因の場合もあります。

逆流性食道炎

食後すぐに寝る習慣のある人に起こりやすい病気で、胃痛とともに吐き気や嘔吐などの症状が現れます。

胃の内容物が長時間消化されずに胃もたれを起こすことが原因で、胃酸が繰り返し逆流するため、食道やのどの炎症も症状の一つとして見られます。

※関連記事

食後から寝るまでの時間はどれくらいあける?昼寝の時は変わる?

アニサキス症

アニサキスは魚類に寄生する寄生虫の一種で、幼虫を取り除けていない生魚(刺身・寿司)を食べることで人間の体内に侵入します。

冷凍や加熱に弱いため処理さえしていれば食べても問題はないのですが、生きたまま体内に入ると胃の壁を突き破ろうとするため猛烈な激痛が走ります。

生魚を食べた後に動けないほどの鋭い胃痛が発生した際は、早急に病院へ行き内視鏡で確認→除去する必要があります。

※関連記事

回転寿司はアニサキス食中毒、大丈夫?危険なネタと対策は?

 

みぞおちの真ん中下が痛む場合、原因は”十二指腸”!

十二指腸が痛む場合に考えられる病気として、ピロリ菌が原因で発症する十二指腸潰瘍が挙げられます。

10代~20代の若い世代に多い病気で、胃酸による潰瘍が十二指腸にできることで痛みが発生して空腹時に痛みが激しくなる特徴があります。

治療はピロリ菌の除去や投薬、食事療法が一般的です。

スポンサーリンク

 

みぞおちの右が痛む場合、原因は”胆道・胆のう”!

みぞおちの右側に位置する胆道や胆のうが痛む場合、胆石症が原因の一つとして考えられます。

胆石症は日本人の10人に1人は持っている胆石が、胆道や胆のうで結石となった場合に発症します。

症状の一つとして腹部膨満感があり、脂肪分の多い食事をした時にみぞおちが痛むのも胆石症の特徴的です。

 

ただ人によっては自覚症状がない場合もあり、検査で初めて病気が発見されることも多いです。

胆石症が悪化すると胆のうが炎症を起こし、胆のう炎になり吐き気や嘔吐、高熱など激しい不調に襲われる可能性があります。

みぞおち右側の痛みと併せて慢性的な違和感や満腹感がある場合、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

 

みぞおちの真ん中、左が痛む場合、原因は”膵臓”!

みぞおちの真ん中や左には膵臓があり、膵臓の病気が原因でみぞおちが痛い場合は膵炎や膵臓癌の可能性があります。

膵炎

アルコールの過剰摂取により膵臓が炎症を起こして発症する病気で、患者は女性が多く、呼吸もままならないほどの猛烈な激痛が発生します。

治療は膵臓の炎症を抑える薬の投与の他、生活習慣の改善やストレスの減少、禁煙などがあります。

膵臓癌

みぞおちの痛みの他、食欲不振や体重減少など様々な症状が現れる膵臓癌ですが、膵臓が多くの臓器に囲まれた場所に位置するため早期の発見が難しい癌といわれています。

しかし悪性度はかなり高く、小さい癌でもすぐに転移して症状を悪化させるため、定期的に検査をして癌の早期発見に努めることが大切です。

 

みぞおちの真ん中、右には”肝臓”も位置している!

肝臓には痛みを感じる神経が通っていないため、みぞおちが痛い原因と直結する可能性は低いです。

ただ肝臓の病気は早期発見が難しく気づいた時には、すでに末期の状態まで進行しているかもしれないので、みぞおち付近に違和感を感じていたり、

  • 疲れやすい、風邪に似た症状が続く
  • 肩こりがひどい
  • 黄疸が起こる、褐色の尿

など、体の異常が長期間続く場合、以下のような肝臓の病気の可能性も視野に入れておきましょう。

肝炎

肝炎は以下の3パターンに分かれます。

  • 急性肝炎…ウイルスや薬物、アルコールにより肝臓が炎症する
  • 慢性肝炎…急性肝炎による状況が6か月以上改善されなかった場合
  • 劇症肝炎…急性肝炎が急速に悪化した場合

肝炎の中で最も怖いのが”劇症肝炎”で、合併症を引き起こすため命を落とす可能性が70~80%と極めて高くなっています。

肝硬変

倦怠感や吐き気、嘔吐などの症状があらわれる肝硬変は、慢性肝炎が原因で発症します。

細胞の修復と破壊を繰り返すことで、肝臓が岩のように固く小さくなってしまう病気です。

肝臓病の末期症状ともいえる肝硬変は1度悪化すると元の健康な肝臓へ戻すことが難しく、最悪の場合肝臓がんや肝不全へと発展します。

 

まとめ

一概に「みぞおちが痛い!」といっても、どの部位が痛いかにより原因の臓器は変わりますし、重大な病気を患っている可能性もあります。

もちろん、みぞおちが痛む度に「重大な病気かもしれない…」と過度に心配する必要はありませんが、楽観視するのも危険です。

痛みが続く場合や、みぞおちの痛み以外にも慢性的な不調が続く場合、一度病院で診てもらうようにしましょう。

 

病院に行った際は、少しでも早く痛みの原因を特定するため、みぞおちの真ん中や左右など、どの部分が痛むのか具体的に説明するようにしてくださいね。

スポンサーリンク