にんにくといえば疲労回復や食欲増進など、健康に効果的な食品のイメージが強いですよね。

でも食べ過ぎると下痢になる可能性があるのは知っていますか?

にんにくで下痢する原因はいくつかありますが、摂取量を減らしたり食べ合わせで予防できます。

今回、にんにくで下痢する原因と予防対策についてまとめました。

スポンサーリンク

にんにくで下痢する原因は?

にんにくを食べるとお腹の調子が悪くなり下痢する人は、下記の2つが原因の場合が多いです。

  • にんにくの成分が腸を刺激する
  • アレルギー反応

さっそく、2つの原因について詳しく見ていきましょう。

にんにくの成分が腸を刺激するため

にんにくの成分“アリイン”は調理過程ですりつぶしたり刻んだりすると、アリナーゼと呼ばれる酵素と化合し”アリシン”という刺激の強い成分になります。

アリシンはにんにく特有の臭いのもとになる成分でもあり、にんにくを食べた後に口臭がキツくなる原因でもあります。

 

アリシンには、

  • 疲労回復
  • 血行促進
  • 生活習慣病予防
  • 感染症予防

など、健康に良いたくさんの効能がありますが、強い殺菌・抗菌作用があるため摂取しすぎると胃腸に刺激を与えます。

その刺激により消化不良が起こり、腹痛や下痢などお腹の不調の原因になる場合があるのです。

またアリシンの殺菌作用により、腸内の環境を良好な状態に保つ善玉菌が死滅することも下痢が起きる原因の一つといえます。

にんにくアレルギーが原因

にんにくで下痢する原因のほとんどはアリシンの刺激によるものですが、極稀にアレルギーの場合があります。

アレルギーで起きる症状は人それぞれですが、腹痛・吐き気・嘔吐・くしゃみ・咳など様々なアレルギー症状のひとつに下痢も含まれます。

少量のにんにくを食べた際に必ず下痢するようであれば、アレルギーの可能性も考えた方がいいかもしれません。

 

ただ、下痢の原因がアリシンにあるとしてもアレルギーと同じように少量のにんにくで下痢します。

下痢の原因を確実に突き止めたい方は、病院でのアレルギー検査をおすすめします。

スポンサーリンク

にんにくで起こる下痢の対策と予防法

アリシンの摂取量を減らそう!

たくさんの効能があるアリシンですが、胃腸への刺激の強い成分なので取り過ぎはNGです。

まずにんにくの摂取量を減らし下痢がマシになるか様子をみましょう。

 

ちなみに、にんにくの摂取量の目安(1日分)は、

  • 生のにんにく 1片
  • 火を通したにんにく 3片

となります。

※子供の場合は、その半分が目安

 

もし、1日分の摂取量を守っていても下痢が治らない場合、さらに摂取量を減らすようにします。

少量の摂取でも下痢する場合、アリシンが体質によほど合わないか、にんにくアレルギーの可能性があります。

下痢してまで食べ続けるのは身体にとってデメリットしかないので、にんにくを食べるのはやめてください。

 

また、摂取量を減らす以外にも、アリシンによる刺激を抑える方法がいくつかあるので紹介しておきます。

火を通して食べる

生のにんにくの方がアリシンの含有量が多いので、なるべく火を通したにんにくを食べるようにして様子をみましょう。

空腹時はにんにくを食べない

空腹時、にんにくを単品で食べると、他に消化される食べ物がないためアリシンによる刺激がダイレクトに胃腸へ届きます。

胃腸への刺激を防ぐため、空腹時はにんにく単品で食べるのを控えてください。

胃壁を保護する食品と一緒に食べる

ヨーグルトや牛乳などの乳製品や、山芋・オクラ・なめこなどのネバネバした食材には、胃壁を保護する働きがあります。

にんにくを食べる前にこれらの食品を食べておくことで、胃への刺激を抑え、消化不良を防ぐ効果が期待できます。

 

上記3つの方法も、にんにくの摂取量を減らすと同時に試してみてください。

病院で相談しよう!

摂取量を減らしたり、アリシンの刺激を抑える対策を試しても下痢が治らない場合、アレルギーが原因かもしれません。

にんにくを食べた時だけ下痢するなら、食べるのをやめるだけでいいでしょう。

ただにんにくアレルギーが下痢の原因だと、ネギや玉ねぎを食べてもアレルギー症状が起きる可能性があります。

 

アレルギーは場合によっては命に係わることもあるので、念のため検査をしておくに越したことはありません。

少しでも「にんにくアレルギーかも…」と思えば、一度病院で検査してみてください。

検査の依頼は内科でも可能ですが、できれば下痢を専門的に診てくれる消化器内科や胃腸科がおすすめです。

にんにく以外に、似たような成分を含む食品のアレルギー検査も併せて行うはずなので、今後食物アレルギーを防ぐ対策にもなります。

 

 

にんにくを食べた後に下痢した時、まずにんにくを食べ過ぎていなかったか思い出してみてください。

そして、摂取量を減らしても下痢する場合、食べるのをやめると同時に専門医に診てもらうことをおすすめします。

たかが下痢だと簡単に考えず、アレルギーの可能性も視野に入れ、事前にできる対策はきちんと行うようにしましょうね。

スポンサーリンク