インフルエンザと併せて冬の感染症の代表ともいえる“ノロウイルス”。

頑張って予防対策してもかかるときはかかる強力な感染力を持つウイルスですが、感染後に起きる激しい嘔吐や下痢を緩和することは不可能なのでしょうか?

市販薬で少しでも症状を緩和できるなら、冬の間は常備しておきたいですよね。

今回ノロの症状を緩和できる市販薬や、逆にノロウイルスに感染した時に絶対服用してはいけない薬についてお伝えします。

スポンサーリンク

ノロウイルスとは?

ノロウイルスは毎年冬になると流行する、強い感染力をもつ”ノロウイルス”が原因で起きる感染性胃腸炎のことをいいます。

潜伏期間は24~48時間ほど、その後発熱とともに強烈な吐き気や下痢、そして腹痛が症状として現れます。

大人は比較的軽い症状で収まる場合もありますが、乳幼児や高齢の方など免疫力の低い人が感染した場合、症状が長く重く現れることもあるので注意が必要です。

 

感染経路は飛沫・接触・経口のすべてが可能性として考えられ、

  • ノロに汚染された貝類(主に牡蠣)を十分に加熱せずに食べた
  • ノロウイルス保持者が触ったものに触れる、嘔吐物や下痢の処理をする
  • 感染者の咳・くしゃみ

これらが原因で感染してしまう場合が多いです。

 

ノロウイルスが怖いのは感染力が非常に強いところで、その場に感染者がいなくてもウイルスが空気中を漂い空気感染する可能性があります。

身の回りに感染者がいなくても、

  • 感染者が使用した公衆トイレに入る
  • 感染者が触れたドアノブに触れる

といった方法で感染するので、流行しているタイミングで人ごみに出るのは非常に危険です。

 

ノロウイルスは薬で治らない…

ノロウイルスにはインフルエンザの時に飲むタミフルのような特効薬はありません。

病院で処方される薬もノロウイルス自体に作用するものではなく、ノロウイルスによって起きる症状を緩和する薬です。

ノロウイルス発症後は、ウイルスが体内から出ていくのをひたすら待つしかありません。

 

下痢や嘔吐は辛いですがウイルスを体外に出さないと治らないので、精神論にはなりますが気を強く持ち乗り切りましょう。

もし下痢でお尻が痛い時は、関連記事の対処法をお試しください。

※関連記事

下痢でお尻の穴(肛門)が痛い!すぐ実践可能な対処法3選

 

市販薬を飲むより水分補給が大切!

ノロウイルスによる下痢や嘔吐が続く際、市販薬を服用するよりも先に行うべきなのが水分摂取です。

下痢や嘔吐が続くと体内の水分が大量消費されるので失った分の水分を摂取しないと脱水症状を引き起こし、さらに苦しむことになります。

 

一度に大量の水分を摂取すると嘔吐や下痢を悪化させる原因になるので、嘔吐・下痢のピーク時を避け30分~1時間おきを目安に少量ずつ水分摂取を続けましょう。

水分摂取の際に胃腸を刺激しないよう、飲み物は白湯や温めて薄めたスポーツドリンクなどにしてください。

嘔吐や下痢の症状が落ち着き、胃の中に食べ物が入れられるようになったタイミングで市販薬の服用を考えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

症状を緩和させる市販薬は?

ノロウイルスの症状を緩和させる効果が期待できる市販薬は“整腸剤”です。

市販の整腸剤だと「新ビオフェルミンS錠」が有名ですよね。

ビオフェルミンは3種類の働きが違う乳酸菌をバランスよく配合しており、腸内の隅々まで乳酸菌を運び、腸内フローラを整えてくれます。

整腸剤はノロウイルスを攻撃したり、活動を抑えることはできませんが、ノロウイルスによって荒らされた腸の回復を早めます。

 

「嘔吐が治まったものの、いつまでもお腹が緩い状態が続いている」

「ノロ感染後から腹痛が治らない…」

 

こんな状態の時は整腸剤を服用し、下痢によって失った腸内環境を整える細菌“善玉菌”を補給することで、症状が緩和するかもしれません。

通常ノロによる嘔吐や下痢などの症状はウイルスを身体の外に出し切った後、長くても3日ほどで治まります。

※関連記事

ノロの腹痛はいつまで続く?和らげる方法で即効性があるのは?

整腸剤服用後3日以上経過してもお腹の不調が改善しない場合、一度病院で診てもらうようにしましょう。

意見の分かれる市販薬“正露丸”

有名な整腸剤で正露丸もありますが、この市販薬は「ノロウイルスに効果がある、飲んでも良い」「飲んではいけない、やめた方が良い」両方の意見があります。

正露丸は腸の動きを止めず、便の中の水分量を調節して下痢を止める作用があります。

腸の働きを正常に戻す効果は期待できますが、下痢止めが主な作用となっているだけにノロウイルスとの相性には疑問が残ります…

個人的にはノロとの相性に不安がある正露丸を飲むなら、ビオフェルミンだけを服用しておけばいいかなと思います。

 

症状を悪化させる服用NGな薬とは?

ノロウイルスを含むウイルスや細菌による胃腸炎を治すには、原因となるウイルスや菌を体外に出し切ることが絶対です。

ただ吐き気や下痢の症状が辛くて我慢できないからと、市販の吐き気止めや下痢止めを服用して症状を抑える人が稀にいます。

感染性胃腸炎による吐き気や下痢を薬によって抑える行為は、体内にウイルスや細菌を留める原因になるので絶対NGです!

 

症状の出初めは嘔吐と下痢が同時に起こり非常にしんどいですが、ノロウイルスは症状の出る期間が短いだけ、まだ良心的ともいえます。

1~2日で体調は回復するので、ウイルスを体外に排出する身体の防御反応を無理やり抑える行為は絶対にやめましょう。

※関連記事

下痢止めは飲み方を間違えると危険!副作用と薬の種類について

 

まとめ

ノロウイルスは特効薬がないので、感染を防ぐには予防を徹底するしかありません。

※関連記事

R1の効果でノロやインフルエンザが予防できるって本当?

ちなみに、お腹の不調を緩和する整腸剤も気休め程度の効果なので、ノロウイルスに感染した際は薬よりも水分補給を意識して対処していきましょう。

スポンサーリンク