CMでもお馴染みのロッテ「乳酸菌ショコラ」は、コンビニやスーパーでよく見かける健康志向なチョコレートです。

乳酸菌は腸内環境を整えて便秘を解消する成分ですが、乳酸菌ショコラを食べることで便秘解消に効果はあるのでしょうか?

また、乳酸菌ショコラは”チョコレート”なので、食べ過ぎによるデメリットがいくつかあります。

私の友人も「乳酸菌ショコラの食べ過ぎで下痢した!」と嘆いていました。

今回、乳酸ショコラの魅力と正しい食べ方、食べ過ぎるによるデメリットをまとめていきます。

スポンサーリンク

乳酸菌ショコラの詳細

乳酸菌ショコラの成分

砂糖 全粉乳 カカオマス ココアパウダー 植物油脂 乳酸菌末 乳化剤 香料(原材料一部に大豆、ゼラチンを含む)

成分を見る限りでは、ロッテの人気チョコレート「ガーナミルク」に乳酸菌が+αされた感じですね。

乳酸菌の種類や効能などについてはどこにも記載が見当たりませんでした。

乳酸菌ショコラの特徴

乳酸菌が生きて腸まで届く!

便秘解消に効果的な乳酸菌の多くは胃酸に弱く、腸に届くまでにほとんどが死滅します。

しかし、乳酸菌ショコラには通常の乳酸菌より生命力が強い“植物性乳酸菌”が使われており、さらに乳酸菌をチョコレートでコーティングすることで胃酸から守っています。

そのため、効果の高い乳酸菌を生きて腸まで届けることができます。

 

乳酸菌ショコラの製法は現在特許出願中で、試験管内人口胃液試験にて、

乳酸菌(原料)比較して、1時間から2時間以上後の生存率が100倍以上になった

という実験結果も公表しています。

常温で長期保存が可能!

乳酸菌をチョコレートでコーティングしているため常温で保存可能という特徴もあります。

乳酸菌が多く含まれているヨーグルトは、冷蔵庫で保存してすぐに食べ切らないと傷んでしまうので取り扱いが大変ですよね。

その点、時間や場所を選ばず、いつでも手軽に効果の高い乳酸菌を摂取できるのが乳酸菌ショコラ最大の魅力といえるでしょう。

ちなみに、板チョコタイプは常温で12ヶ月間、アーモンドチョコレート・乳酸菌ショコラボールは常温で9ヶ月間の長期保存が可能です。

 

乳酸菌ショコラは便秘に効果的?

便秘解消を目的として乳酸菌ショコラを食べている人の口コミを見ると、効果を感じた人やまったく効果がなかった人など、様々です。

なぜ、便秘解消に効果的な乳酸菌を摂取しているのに効果に個人差があるのか…その原因は乳酸菌の種類にあります。

 

乳酸菌には現在見つかっているだけでも200種類以上あると言われています。

薬の相性と同じように、乳酸菌もどんなにたくさん摂取しても、自分の体質にあう乳酸菌でなければ効果は期待できません。

乳酸菌ショコラで便秘が解消した人は、乳酸菌ショコラに含まれる乳酸菌が自分の体質にピッタリだったといえるでしょう。

 

ちなみに、乳酸菌ショコラに含まれる乳酸菌は“植物性乳酸菌”としてしか記載がないので、乳酸菌の正式名称や含有量が不明です。

今後、乳酸菌ショコラに含まれる乳酸菌の種類や量が判明すれば、チョコレートを食べなくてもサプリなどで代用可能になるかもしれないですね。

スポンサーリンク

チョコレートも便秘解消に効果的!

乳酸菌ショコラの成分にあるカカオマスやココアも便秘解消に効果が期待されます。

例え、乳酸菌の種類が合わなくてもチョコレートの効果自体で便秘の症状が緩和される可能性もあります。

 

乳酸菌ショコラを食べ過ぎると下痢する?

乳酸菌は、便秘だけでなく下痢しやすい体質を改善するためにも有効とされています。

そのため、乳酸菌ショコラに含まれている植物性乳酸菌の取り過ぎで、下痢することはまずありえないと考えていいでしょう。

 

ただ、乳酸菌ではなく、チョコレートの過剰摂取で下痢することはあります。

※関連記事

チョコレートの食べ過ぎで下痢や便秘になる?一日の適量は?

乳酸菌ショコラを食べて下痢する人は、もしかするとチョコレート自体が体質にあっていないのかもしれませんね。

 

乳酸菌ショコラの食べ方

乳酸菌ショコラはお腹の調子を整えてくれるだけでなく“美味しい”という声もたくさんあります。

美味しいとついつい食べ過ぎでしまいがちですが、食べ過ぎはカロリーの過剰摂取につながります。

また、チョコレートを常に食べていないと落ち着かない“チョコレート依存症”を引き起こす原因にもなるため要注意です!

このようなデメリットなしで乳酸菌ショコラを食べて便秘解消を目指したい人は、1日の理想摂取量を守り継続的に食べることが肝心です。

乳酸菌ショコラ1日の理想摂取量

乳酸菌ショコラはチョコレートなのでカロリーも高めで、1箱で308kcal、1枚22kcalとなっています。

チョコレートのような食事以外で味を楽しむ嗜好品は、1日200kcalまでが理想的な摂取量です。

そのため、間食や食後の口直しとして楽しむ場合、一箱の半分(7、8枚)が理想の摂取量といえるでしょう。

 

ただし、理想摂取量は乳酸菌ショコラのみを間食や食後に摂取する場合に限ります。

例えば、コーヒーを飲んだりケーキを食べたりした場合、当然ですが乳酸菌ショコラの摂取量は減らすべきです。

乳酸菌のとり過ぎは問題ないですが、チョコレートの取り過ぎは先程お伝えしたように色んな問題があります。

1日の摂取量は、時と場合に応じて調整するようにしてくださいね。

※関連記事

乳酸菌のとりすぎは危険?1日の摂取量やとるタイミングはいつ?

 

まとめ

美味しいチョコレートを食べると同時に便秘解消に効果的な乳酸菌を摂取できるなんて…乳酸菌ショコラは女性にとって特に魅力的な商品ですよね。

しかし、いくら乳酸菌を摂取できるからと言えども、高カロリーなチョコレートであることはお忘れなく。

適量の範囲内で、毎日のおやつタイムに乳酸菌ショコラを堪能していきましょう!

スポンサーリンク