乳酸菌は健康に良いからと思い、毎日意識して取り入れている人は多いと思います。

ただ、ふと「乳酸菌ってとりすぎると身体に悪いのでは?」と考えてしまうことはありませんか?

もし理想とされる乳酸菌の1日の摂取量や、取るタイミングなどがあれば知っておきたいですよね。

今回、乳酸菌をとりすぎると身体に害があるのか、また1日の摂取量やとるタイミングについてお伝えします。

乳酸菌と上手く付き合っていくため、是非参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

乳酸菌はとりすぎても問題ない!

乳酸菌の1日の摂取量について…、結論からいえば乳酸菌はとりすぎてもまったく問題ありません。

一般的に腸内環境改善に必要とされている乳酸菌の量は1日に500億~1兆個と言われています。

また、乳酸菌はお腹の中に留まることはなく、毎日のように便といっしょに体外に排出されていきます。

ヨーグルトやヤクルトなど、乳酸菌を多く含む物を大量に摂取しても、翌日にはまた不足してしまうので、毎日継続して取り続けることが大切なのです。

※関連記事

 

ただ、加糖ヨーグルトやヤクルトは乳酸菌以外にも大量の砂糖が含まれており、とりすぎると糖分過剰摂取に陥る恐れがあります。

また、お腹の弱い方が乳酸菌を含む乳製品を1日に大量摂取すると腹痛や下痢を引き起こす場合もあります。

※関連記事

ヨーグルトの食べ過ぎは下痢の原因になる?適量はどれくらい?

乳酸菌のとりすぎは身体に害はありませんが、他の部分で身体にデメリットがあることを覚えておきましょう。

 

適切な乳酸菌の1日分摂取量は?

先程もお伝えしたように乳酸菌はとりすぎても問題はないですが、不足すると困るので1日の適量を知っておくことが大切です。

乳酸菌の効果を維持するために理想的な1日の乳酸菌摂取量は500臆~1兆個ですが、桁が多すぎて具体的に何をどれぐらい摂取すれば良いのか分かりにくいですよね…

 

1日に必要な乳酸菌の量について、乳酸菌にはたくさん種類があり、人それぞれ体質も違うため一概に「○○g」とはいえません。

自分の体質にあった乳酸菌の種類と1日の摂取量を探し出す必要があります。

これから、自分に最適な1日の乳酸菌摂取量の見つけ方を紹介します!

スポンサーリンク

 

最低摂取量で様子を見つつ、最適な摂取量を見極める!

最低摂取量の目安として覚えていただきたいのは、ヨーグルトであれば最低1日100g以上、ヤクルトや飲むヨーグルトであれば1本です。

ヨーグルトやヤクルトは商品によって乳酸菌の含まれている量がまったく違います。

そのため、まずは最低摂取量を2週間続けてみて、体調に変化がなければ少しずつ1日の摂取量を増やすやり方で自分の適量を発見してください。

 

また、乳酸菌はサプリメントで手軽に摂取することもできます。

サプリで摂取する場合は、初めのうちはパッケージに記載されている適量の最低数を飲みながら様子を見るようにしましょう。

サプリはヨーグルトやヤクルトと比べて砂糖の量も少ないので、パッケージに記載された量よりもたくさん摂取しても大丈夫と思うかもしれません。

しかし、サプリもヨーグルトやヤクルトと同じで指定された容量以上に服用すると、何らかの形で副作用が起こる可能性がゼロではありません。

そのため、記載された1日の最大摂取量以上は摂取しないでくださいね。

もし効果が実感できなければ、サプリの種類を変えて体調の変化を見つつ2週間を目安に摂取を続けてください。

 

腸内環境は人それぞれに違うので絶対的な正解はありません。

少しずつ試していき、自分に合う量を調整していくようにしましょう。

 

乳酸菌をとるタイミングでおすすめは?

乳酸菌の1日の摂取量が分かれば、次は乳酸菌をいつどのタイミングで摂取するかについて知っておきたいですよね。

これについては、ヨーグルト会社が調査した結果、朝でも夜でも摂取する時間帯によって乳酸菌の効果は変わらないことが分かりました。

ただ、乳酸菌をとるタイミングとしては、食前よりも食後に取り入れた方が効果的とされています。

食後のデザート感覚でヨーグルトを食べているという人もいると思いますが、実は理にかなっていたことになります。

 

反対に食前に乳酸菌を摂取すると、胃の中に食べ物がないため胃酸の消化作用に直接さらされて弱ってしまいます。

乳酸菌の効果を最大限得たいのであれば、食前はおすすめしません。

食後ならば胃酸は薄まっているので乳酸菌はあまりダメージを受けず、本来の働きを担ってくれます。

 

まとめ

乳酸菌は毎日体外に排出されるので取り続ける必要があり、とりすぎたところで身体に害はありません。

しかし、体質的に乳製品が合わない人や乳酸菌以外の成分が身体に害を及ぼす可能性があるので、自分に最適な乳酸菌の摂取量を探し出すことが大切です。

今回お伝えした方法で自分に最適な摂取量を見つけ出し、効果を最大限得るために、毎日乳酸菌の摂取を続けるようにしましょうね。

スポンサーリンク