帰宅後にお風呂かご飯、どっちを先に済ませるか順番に悩むことって多くないですか?

満腹でのお風呂はもちろん、空腹でお風呂に入るのも健康に良くない気がするので、睡眠や健康のことを考慮した上での“正しい順番”が知りたいですよね。

また満腹時や空腹時にお風呂に入るリスクや、食後どれくらい時間を空ければ良いのかも気になります。

今回、お風呂・ご飯の順番について睡眠や健康を考えた上でベストなのはどっちが先か、満腹時・空腹時にお風呂に入るリスクと併せてお伝えします。

スポンサーリンク

食後すぐのお風呂は、なぜ健康上良くない?

一見ご飯を食べた後すぐにお風呂に入ると、全身の血流が良くなり消化を早めてくれそうな気もしますが…

実は食後すぐは消化活動を活発にするため、胃に大量の血液が必要な状態です。

そんな時にお風呂に入ると身体の表面に血液が集まるため、消化活動に必要な血液が胃に集まりにくくなります。

血液不足になると胃の消化活動が弱まり、胃液の分泌不足で消化不良を起こしやすくなるため、胃もたれや下痢になる可能性があります。

 

ご飯が先の場合、お風呂までの時間はどれくらい空ける?

胃の消化活動を妨げないため、ご飯を食べた後は最低でも胃の中がほぼ空っぽになるまで時間を空けてから入浴したいところ。

消化にかかる時間は食べ物によって変わりますが、最低でも2時間ほど空ければ胃の消化活動はほぼ落ち着きます。

ご飯を先に済ませた場合、お風呂に入るまでに空ける時間の理想は食後2時間以上後と覚えておきましょう。

 

ただし消化の悪いもの(肉類やスナック菓子)を食べたり、満腹になるまで食事した場合、消化にかかる時間と胃への負担が増えます。

2時間空けても胃に違和感がある場合、違和感がほぼなくなるまで待機してからお風呂に入ることをおすすめします。

ちなみにご飯と一緒に飲酒した場合、すぐにお風呂に入ると酔いが回りやすくなるので食後すぐのお風呂は絶対にNGです!

 

帰宅してすぐ(空腹時)のお風呂は健康に良くない?

空腹時は血糖値が低下していて、体内の水分量も少ない状態です。

そんな時にお風呂に入ると低血糖の状態が続くだけでなく、身体が温まり汗をかくことで体内から水分がさらに消費されるため、貧血や立ちくらみの原因となります。

 

特に低血圧の方や糖尿病の方は、空腹時のお風呂は危険です。

空腹を感じつつお風呂に入る場合、コップ一杯のスポーツドリンクを飲み、糖分と水分を補給してから入るようにしましょう。

スポンサーリンク

お風呂かご飯、どっちが先?ベストな順番とは?

満腹時・空腹時の入浴はどちらもリスクがあることを踏まえた上で、お風呂かご飯、どっちが先がベストなのか健康を考慮して考えてみましょう。

結論からいえば、最もおすすめなのは“ご飯を食べた後、2時間以上空けてから風呂に入る”だと思います。

食後2時間たてば食べ物の消化が終わっている(終わりかけている)ので、満腹時のような消化不良のリスクはありません。

また食後2時間で空腹を感じることはないので、低血糖や水分不足の状態も避けられますよね。

 

ただし仕事で夜が遅くなる人にとっての食後2時間は、翌日のことを考えるとかなり厳しいはず。

そんな人は帰宅後すぐ、コップ一杯のスポーツドリンクを飲みお風呂に入るのがベストといえるでしょう。

糖分を摂取したくない人はスポーツドリンクを薄めて飲んでもいいですし、汗によって失われるミネラルを多く含みリラックス効果も高いお茶がおすすめです。

 

正しい入浴方法で疲れをとろう!

お風呂できちんと疲れをとりスムーズに入眠するため、おすすめの入浴法を3つ紹介しておきます。

入浴時間は最低10分、必ず湯船につかる

体の表面だけではなく深部まで温まり体温を上げるには、最低10分は湯船に浸かりたいところ。

シャワーだと身体の深部まで温めることができないので、疲れをとりたい時は必ず湯船に浸かりましょう。

 

お湯の温度は体温より少し高めの40度がおすすめ!

体温と変わらない36~38度だとぬるすぎて体温が上がらないですし、41度以上の熱めのお湯にすると交感神経が高ぶるため、脳が冴えて眠りにくくなります。

 

どうしても時間がない人は足湯でも体の深部を温め、疲れをとることができます。

足湯の場合、お湯の温度は42度の熱めに設定しておきましょう。

シャワーの時に湯船に栓をして熱めのお湯をかけると、シャワーで汚れを落として足湯で身体の深部を温められるのでおすすめです。

お風呂は睡眠の30分以上前に済ませる

入浴後は体温が高くなるため、すぐ布団に入っても体が火照り寝づらいと思います。

また体温が高いまま布団を被り寝てしまうと、大量の寝汗をかいて温まった身体を冷やしてしまう可能性もあります。

質の良い睡眠を考えると、入浴後は最低でも30分以上空けるようにしましょう。

マッサージをする

足、後頭部、首、肩などをシャワーの圧を使い刺激したり、湯船に浸かりながら指で押して優しくマッサージすると疲労回復やリラックス効果が高まります。

頭皮マッサージや100均で売られている健康グッズを使い、足裏リフレをしましょう。

 

他にも、

  • お風呂の照明を消す
  • 自分が好きな音楽をかける
  • リラックス効果の高いアロマオイルや入浴剤を使う

といった方法も疲労回復には効果的だといえます。

上のリンクはリラックス効果の高い入浴剤として、楽天で最も売れている商品です!

 

正しいタイミング、入浴方法でお風呂に入ると身体への負担を減らせるのはもちろん、肩こりや腰痛などのトラブルもマシになるはず。

お風呂とご飯の順番を意識して改善していき、健康的な体を手に入れましょう!

スポンサーリンク