豚肉は色んな料理に使えて値段もお手頃なので、食肉の中で最も使われています。

ビタミンB1が豊富に含まれているので疲労回復に効果的な豚肉ですが、まとめ買いした後、気づくと消費期限切れになっていた…なんて経験はありませんか?

消費期限切れの豚肉はいつまでなら食べても危険ではないのでしょうか?

また、豚肉を食べる時に気をつけたい食中毒や、予防するための正しい保存方法についてもお伝えします!

スポンサーリンク

豚肉で起こる食中毒まとめ!

まず、豚肉で感染する危険性の高い食中毒を紹介します。

カンピロバクター

  • 症状:下痢・嘔吐・頭痛・激しい腹痛・発熱
  • 潜伏期間:2~5日間

 

食中毒の中でも発生頻度の高いカンピロバクター。

感染源としては鶏肉が非常に多いですが、鶏以外に豚や牛などの家畜も保菌しています。

※関連記事

 

初期症状が風邪と似ているため、間違えて風邪薬を飲んでしまう人も多いですが、全く効きません。

症状がひどい時は、高熱が出て苦しむこともあります。

長くても1週間程で吐き気や下痢などの酷い症状はなくなる場合が多いです。

サルモネラ菌

  • 症状:高熱(38℃以上)・水溶性の下痢・激しい腹痛
  • 潜伏期間:12~48時間(他の食中毒に比べ潜伏期間が短い)

 

サルモネラ菌は加熱処理が十分にできていない時に感染する恐れがあります。

鶏肉・鶏卵に非常に多い食中毒ですが、カンピロバクター同様、家畜の消化器官にいる細菌なので豚肉で感染する場合もあります。

 

サルモネラ菌による食中毒の症状は下痢や腹痛などカンピロバクターと似ていますが、高熱が出やすいのが特徴です。

また、症状が酷い時は血便や肺血症を引き起こすこともあるので、危険度が高い細菌です。

特に抵抗力の弱い小児や高齢者が感染すると命に関わる程重症化するリスクが高まります。

※関連記事

食中毒の腹痛や下痢はいつまで続く?早く治すための対処法は?

エルシニア菌

  • 症状:頭痛・激しい腹痛・発熱・嘔吐・発疹
  • 潜伏期間:4~6日程度

 

エルシニア菌による食中毒も、豚肉を十分に加熱せずに食べると感染する危険があります。

豚肉に非常に多い細菌で、20%程の豚が保菌していると言われています。

エルシニア菌は食中毒の原因となる菌の中では非常に珍しいですが、過去集団感染した事例があります。

感染すると強い腹痛や発熱とともに、発疹が出ることが多いのが特徴で、2~3週間と症状が長引き重症化する場合もあります。

スポンサーリンク

消費期限切れの豚肉を食べると食中毒に感染しやすくなる?

消費期限内でも消費期限切れでも、豚肉を食べて食中毒に感染するリスクはあります。

消費期限が切れたものをそのままにしておくと腐敗がどんどん進みますが、腐敗と食中毒は違うものです。

たとえば、腐敗すると食品から悪臭がしたり、見ただけでも“傷んでいる”と分かると思います。

ただ、食中毒の原因菌は無臭ですし、見たりニオイを嗅いだだけで「この食品は食中毒菌に感染している」と分かるものではありません。

 

消費期限が切れた豚肉の中では食中毒菌が増殖しているので、確かに食中毒を発症するリスク自体は高まります。

ただ、食中毒のみに関していえば、

  • しっかりと加熱する(75℃以上で1分以上)
  • トング、箸、まな板などを清潔に保つ(二次感染防止)
  • 生肉に触った後、他の食材や調理器具に触れる前に手をよく洗う(二次感染防止)

このような予防対策を実践することで防ぐことができます。

 

これは豚肉だけでなく、鶏肉や牛肉も同じです。

※関連記事

鶏肉の消費期限切れは危険?食中毒の症状や正しい保存方法は?

消費期限切れの食肉を十分に加熱せずに食べる人はまずいないと思います。

そのため、食中毒の原因菌による被害ではなく、腐敗した食肉に発生する雑菌や腐敗菌に気をつけましょう。

 

消費期限切れの豚肉はいつまで食べられる?

消費期限は必ず豚肉に記載されていますが、少し余裕を持って設定されています。

そもそも、消費期限は店頭でその食品を売ることができる期間になるので、消費者が安全に食べられる期限となります。

正しい方法で保存すれば、1日・2日過ぎただけなら問題ないと思いますが、日数で判断するより豚肉の見た目やニオイで食べられるか判断する方が確実です。

  • 異臭(酸っぱいニオイ等)はしないか?
  • 変色していない?
  • ぬめりは出ていないか?
  • ドリップ(赤い血のような液体)が肉から出ていないか?

これらを確認して、問題なければ十分に加熱して食べてもいいかと思います。

 

ただし、消費期限が過ぎている食品の安全性は保障されていません。

食べようと判断した場合でも、自己責任で調理に使うようにしましょうね。

 

豚肉の正しい保存方法

豚肉を少しでも長く新鮮な状態で保つため、購入後の豚肉は正しい保存方法で保管しておきましょう。

冷蔵の場合
  1. 購入後の豚肉をパックから出し、食べる分量ずつラップで包み空気を遮断
  2. ジップロックなどの密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存(チルド室があれば優先的に豚肉の保存に使う)
冷凍の場合
  1. 購入後の豚肉をパックから出し、食べる分量ずつラップで包み空気を遮断
  2. 臭い移りなどを防ぐため、フリーザーパックに入れて冷凍庫で保存

 

まとめ

豚肉は食中毒の原因菌以外に寄生虫なども多くついているため、しっかりと加熱することが大事です。

食中毒や消費期限切れ防止の対策として一番有効なのは、一回で食べられる分だけ買うことです。

ただ、事情によりまとめ買いせざるをえない時もあると思うので、そんなときはなるべく早めに使い切るようにしましょう。

消費期限関係なく、豚肉を食べた後に異変を感じた場合は早めに病院に行き医師に見てもらってくださいね。

スポンサーリンク