毎年夏になると胃腸の調子が悪くなり、お腹を壊しやすくなる…なんて人いませんか?

暑い夏、下手すると冬以上に下痢に悩んでいる人は多いかもしれません。

今回、夏場の冷えからくる下痢の対策として、有効な方法を5つ紹介します。

できるだけ多くの対策を実践することで、身体が冷えて下痢することは少なくなるでしょう!

スポンサーリンク

なぜ夏はお腹を壊しやすいのか?

どうして夏になると胃腸の調子が悪くなり、お腹を壊しやすくなるのか…原因を初めにお話します。

夏場は暑さからくるストレスにより、自律神経のバランスが崩れて体調を崩しやすくなります。

※自律神経

自らの意思とは関係なく働き、身体の機能をコントロールしている神経。

例えば、血液の循環や内臓を動かすのは自律神経の仕事です。

 

自律神経は気温や環境の変化に反応しやすく、夏の高温高湿や暑さからくるストレスにも過剰反応してしまいます。

そのため、普段通りに機能しなくなり、胃腸が弱ってしまうことで下痢しやすくなるのです。

また、夏は冷房でキンキンに冷えた室内にずっといたり、冷たい食べ物・飲み物ばかり摂取しますよね。

これもお腹を壊しやすくなる要因の一つで、内臓が冷えて機能が低下するため下痢などのお腹の不調を引き起こすのです。

 

冷えからくる下痢の対策をしよう!

夏になるといつもお腹を壊して下痢している…そんな人に、冷えからくる下痢に有効な対策を紹介します!

 

カフェインレスの暖かい物を飲む

暑い夏はのど越しの良い冷たい飲み物・食べ物を摂りたくなりますが、冷たい物を摂り過ぎると胃腸が冷えて働きが悪くなります。

胃腸の働きが悪くなると消化が十分にできないので、下痢を引き起こしやすいです。

胃腸の働きを悪くしないために、夏場でもなるべく温かい物、最低常温のものを飲むようにしましょう。

 

また、カフェインも胃腸を刺激するため摂りすぎは良くありません。

胃腸に優しく体を温めてくれる飲み物でおすすめなのは、ほうじ茶・ウーロン茶・ハーブティ・根菜系のお茶(ごぼう茶)などです。

 

冷房とうまく付き合う

冷房の効いた室内に長くいると体が冷え血行が悪くなるため、胃腸の働きが弱まり下痢しやすくなります。

冷房のかかった室内に長くいるような時は、体を冷やし過ぎないよう、

  • 靴下をはく
  • ひざ掛けをかける
  • カーディガンを羽織る
  • 湯たんぽや電気あんかで足を温める

などの対策を行い、なるべく体を冷やさない様に心がけましょう。

会社のオフィス勤務の方は、少し席を外せるなら一旦冷房の効いた室内から出るなどして体を温める時間を作るといいでしょう。

スポンサーリンク

 

夜はぬるめのお風呂にゆっくり入る

暑い夏はどうしてもシャワーでさっとお風呂を済ませたくなりますよね。

でも一日中冷房の効いた室内にいて、冷たい飲み物や食べ物を食べて過ごした体は芯から冷え切った状態になっています。

温かい湯船に浸かり、冷え切った体を温めてあげるのは夏場こそ重要です。

38℃程のゆるめのお湯にゆっくりと浸かり、全身を温め血行を良くすると弱った胃腸の働きも回復します。

浸かる時間は、長いに越したことはないですが、のぼせると大変なので最低5分以上を意識して調節してください。

 

また、お好みの入浴剤などを入れ、ゆったりした気分で浸かるとストレス解消にもなりますよ。

ちなみに、お風呂上りにキンキンに冷えた飲み物やアイスなどを食べるのは絶対NGです。

せっかく温まった体が急激に冷えることで胃腸に負担がかかり、さらに下痢しやすくなってしまいますよ。

 

辛い物や刺激物は避ける

暑い夏こそ韓国料理やカレーのようなスパイシーな料理を食べ、汗をかいてスッキリしたい!…と思う人もいるかもしれません。

しかし、暑さで弱った胃腸に刺激を与えることは下痢を引き起こす原因になります。

夏バテ気味の時や胃腸の調子が良くない時は、辛い物・スパイシー料理は避けましょう。

 

酸味が強い果物は避ける

水分が多くて柔らかい果物は、食欲がない時に食べやすい食べ物です。

ただ、柑橘系など酸味の強い果物は弱った胃粘膜をさらに荒らしたり、刺激を与えて下痢を引き起こす原因になります。

お腹を壊しやすい夏場に果物が食べたい場合、バナナがおすすめです。

バナナは免疫力を高める効果も期待できるので、弱った胃腸を回復する手助けにもなりますよ。

 

まとめ

夏の冷えからくる下痢は、暑い夏特有の

  • 冷たい食べ物、飲み物の摂り過ぎ
  • 冷房の効いた部屋に居すぎ

といった行動が原因で自律神経の乱れ、胃腸の働きが悪くなり起こります。

 

夏場の下痢対策で重要なのは、身体を冷やない・胃腸に負担をかけない生活を送ることです。

規則正しい生活を送り免疫力を高め、今回紹介した対策を実践して夏を健康に乗り切りましょう!

スポンサーリンク