生の肉や魚介類、卵なんかを食べた後にお腹の調子が悪くなると、真っ先に食中毒を疑いますよね。

体に異変を感じた時は病院に行くのが一番の対処法ですが、仕事が忙しかったり子育てなどですぐに行けない場合もあります。

そんな時、少しでも症状が和らいでほしいからと頼るのが市販薬です。

今回、食中毒で市販薬を服用する場合のおすすめ商品、副作用や服用の際の注意点についてお伝えします。

スポンサーリンク

食中毒に効くおすすめの市販薬3選!

食中毒の時は、下痢や腹痛を緩和する目的で整腸剤を服用するのが有効です。

整腸作用のある市販薬でおすすめの商品は、

  • 新ビオフェルミンS錠
  • エスセレクトビオファイン
  • エスセレクトビオラーゼEX錠

の3つです。

さっそく、各市販薬の特徴や服用方法についてまとめていきます。

 

新ビオフェルミンS錠

新ビオフェルミンS錠

薬に適した3種のヒト由来の乳酸菌を配合しています。

各乳酸菌によって得られる効果も違うため、食中毒の原因菌によって荒らされた腸を効率良く正常な状態に戻すことができます。

3種の乳酸菌

ビフィズス菌

腸内への定着性が高い乳酸菌で、大腸に住み着き有害物質をつくる悪玉菌が繁殖しないよう、健康的な腸内環境へ導いてくれます。

フェカリス菌

大腸以外に小腸にも住み着く乳酸菌。

増殖性に優れているため、腸内環境を整える働きが強いです。

また免疫力をアップする効果も確認されているので、食中毒の予防や回復促進にも役立ちます。

アシドフィルス菌

主に小腸に住み着き、たくさんの乳酸を作り出します。

腸内で悪さをする食中毒の原因菌の増殖を抑え、腸内環境を改善していきます。

 

上記3種の乳酸菌は、小腸から大腸まで腸全体に広く乳酸菌が定着するのが特徴です。

また、胃酸の影響を受けにくいため、多くの乳酸菌が腸まで到達することができ、腸内環境を整えていきます。

 

ちなみに、新ビオフェルミンS錠は他の市販整腸剤に比べ服用できる年齢が広く、5歳~高齢者までの幅広い世代の方が服用可能です。

※3ヶ月から5歳未満のお子さんでも服用できる粉タイプの“ビオフェルミン細粒”という商品も販売されています

副作用

小さなお子さんから服用できる整腸剤なので、副作用の心配はまずありません。

副作用が起きるとしても、乳酸菌が体質に合わない時に軽い腹痛や軟便、下痢を引き起こす程度かと思います。

ただ、服用しても食中毒の症状が一向に改善しない場合、必ず医療機関を受診するようにしてください。

また妊婦の方は念のために服用を控え、主治医に相談しましょう。

 

エスセレクト ビオファイン

ビフィズス菌・フェカリス菌・アシドフィルス菌などの乳酸菌以外に、ビタミンB1・B2が配合されているのが特徴です。

乳酸菌の働きで腸内環境を整え、さらにビタミンB1・B2の働きにより体内でエネルギーを作り出し、回復力を高めます。

副作用

エスセレクトビオファインも乳酸菌の摂取のみを目的に作られた市販薬なので、基本的に副作用はほぼありません。

ただ、稀に皮膚の発赤や発疹・痒み、軟便や下痢を引き起こす場合があります。

妊婦の方は使用しないのはもちろん、乳糖不耐症やアレルギー体質の方は医師や薬剤師に相談してから服用するようにしてください。

※乳糖不耐症についてはこちら

ヨーグルトの食べ過ぎは下痢の原因になる?適量はどれくらい?

 

エスセレクト ビオラーゼEX錠

エスセレクトビオラーゼEX錠は、乳酸菌と納豆菌が配合された整腸剤です。

腸内環境や胃の調子を整えてくれます。

食中毒の症状を緩和する目的で服用する場合、吐き気・嘔吐で弱った胃の回復を助ける効果も期待できます。

乳酸菌と一緒に含まれている納豆菌は、腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境改善を助ける働きがあります。

また、納豆菌は胃酸にも強いため生きて腸まで届きます。

副作用

整腸剤はお腹の調子を整えるだけなので、副作用が起きる可能性は極めて低いです。

もし、起こるとすれば新ビオフェルミンS錠やエスセレクトビオファインと同様の症状が挙げられます。

スポンサーリンク

食中毒で市販薬を服用する際の注意点

吐き気&嘔吐の症状がある時は服用NG

薬の服用に限った話ではありませんが、吐き気や嘔吐の症状がある時に何かを摂取するとすぐに戻してしまう可能性が高いです。

市販薬は吐き気や嘔吐の症状が落ち着いたタイミングで服用してください。

下痢止めや解熱鎮痛剤は服用NG

下痢止めを飲むと、便とともに食中毒の原因菌を外に排出することができなくなるため、症状が悪化する危険性があります。

※関連記事

下痢止めは飲み方を間違えると危険!副作用と薬の種類について

解熱鎮痛剤も服用NGである理由は下痢止めと同じです。

食中毒時の発熱は原因菌と頑張って戦っている証拠なので、熱の発散を制御してしまうと症状が長引く危険性があります。

食中毒で市販薬を服用する場合、必ず整腸剤のみにしてください。

 

食中毒の際は薬の服用と併せて水分補給も大切!

食中毒で激しい下痢や嘔吐の症状が続いた時には、脱水症状を引き起こす危険性があります。

また、脱水が原因で血液が濃くなり血管が詰まる恐れもあるので、市販薬の服用と併せて水分補給も必ず行いましょう。

水分は常温の水、もしくは白湯で十分ですが、下痢や嘔吐で失われたミネラルを補給するため、薄めたスポーツドリンクもおすすめです。

特にオーエスワン(経口補水液)は糖質と電解質配合が配合されているため、食中毒による脱水症状に効果的な働きをしてくれるのでおすすめです。

※関連記事

 

まとめ

食中毒で市販薬を服用する場合、整腸剤のみにしておくが大切です。

下痢や発熱を薬で強制的に止めると食中毒が長引く原因になるので、辛いと思いますが我慢するしかありません。

ただ、小さいお子さんや高齢者、持病をお持ちの方は市販薬を服用する前に病院で診てもらうことをおすすめします。

食中毒でも悪化すると命に係わる場合もあるので、体調の回復を最優先で考えるようにしてくださいね。

スポンサーリンク