卵は安くて栄養価が高く、”もっとも完全に近い栄養食品”なんて呼ばれています。

食卓に最も登場する食品といっても過言ではないですよね!

しかし、卵を食べるとなぜか下痢することが多いと悩んでいる方はいませんか?

また、卵は賞味期限が短い印象ですが、賞味期限切れの卵は食中毒予防のため即捨てるのが正しいのでしょうか?

今回、たまごで下痢する原因と対処法、賞味期限切れのたまごの扱い方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

どうして卵で下痢になる?

卵は体内で作ることのできないアミノ酸をバランスよく含み、さらにたんぱく質やカルシウム、鉄分も多い、栄養豊富な食品です。

美味しくて栄養満点な卵、好んで毎日食べている人も多いと思いますが、なぜ卵を食べると下痢してしまうのでしょうか?

考えられる主な原因は、以下の4つです。

  • サルモネラ菌に感染
  • 卵アレルギー
  • 消化不良を起こしている
  • 食物不耐症

当記事では、それぞれの原因について対処法も含め、詳しくお伝えします!

 

サルモネラ菌に感染

サルモネラ菌が原因で起きる下痢は、食中毒による下痢で、体内に侵入した細菌を身体から出すために起こる一種の防御反応です。

サルモネラ菌とは、鶏の腸や卵巣内に生息している細菌で、卵の殻にも付着しています。

稀に卵の内部にも細菌が存在することもありますが、食中毒になるような量ではありません。

普通に卵を食べる分には感染することはない細菌ですが、

  • 保存状態が悪い
  • 割ってから時間が経過した
  • 賞味期限が過ぎていた

このような状況下に置かれていた生卵を食べてしまった時、感染する確率が上がります。

 

卵の保存状態が悪い時、卵を割ってから時間が経っていた時というのは、生卵が常温に長時間さらされた時のことを言います。

10℃以下の低温ではサルモネラ菌はほとんど増殖せず、食中毒を起こすレベルまで増殖するのは60日以上後になります。

ただ、保管場所の温度が上がるにつれてサルモネラ菌の増殖は加速し、30~40℃になると数時間~数日で食中毒を起こすレベルまで増殖します。

夏場、牛丼屋なんかで生卵の持ち帰りを禁止しているのも、サルモネラ菌の予防のためですね!

 

サルモネラ菌による感染を防ぐためには、必ず購入してすぐに冷蔵庫に入れて保管するようにしましょう。

また、サルモネラ菌は冷凍保存や加熱して保存しない限りは増え続けていくので、賞味期限が切れると感染のリスクが一気に高くなります。

賞味期限切れのたまごは、最低75℃以上で1分間過熱してから調理に使うようにしてください。(半熟は避けた方が無難!)

たまごの賞味期限は生食を前提で決まっている!

知っている人がほとんどだと思いますが、卵の賞味期限は生食を前提としてつけられたものです。

そのため、気温が高い夏は短く、気温が低い冬は長くなっています。

卵の賞味期限一覧
  • 夏(7~9月) 産後約16日目
  • 冬(12~3月) 産後約57日目
  • 春、秋(上記以外の月) 産後約25日目

 

賞味期限切れのたまごを食べてはいけないのは生食の場合のみで、加熱すれば賞味期限が切れてもまだまだ安全に食べることができます。

いつまで安全に食べることができるかについては、「1週間以上は怖くて食べられない」「1ヶ月経っても食べられる」といったように、人によって意見が分かれます。

そのため確定することは難しいですが、私は1週間以内を目途に食べるようにしています。

スポンサーリンク

卵アレルギー

卵のアレルギーによる下痢は、卵がアレルゲンとなり免疫反応が過剰に働くことで起こります。

卵アレルギーが原因で下痢をする場合、症状が下痢だけであることは珍しいです。

ほぼ確実に下痢以外に、蕁麻疹や喘息、嘔吐、ひどい場合にはアナフィラキシーショックといったようなアレルギー症状を引き起こします。

下痢した時、一緒にアレルギー症状も現れた場合は、早急に病院に行き検査することをおすすめします。

 

消化不良を起こしている

卵は栄養価がとても高いですが、消化に時間がかかる食品です。

調理方法により体内で消化にかかる時間が変わり、白身はよく火を通す方が、逆に黄身は生に近い方が早く消化できます。

消化不良が原因で下痢が起きている場合、食べ方を変えると改善される可能性があります。

 

一度、卵の食べ方で最も消化が良いとされる半熟状態で食べてみてください。

半熟卵を食べて下痢が治まるようなら、消化不良が原因の可能性が高いといえるでしょう。

 

食物不耐症によるもの

食物不耐症とは食べたものを分解するために必要な酵素を、身体が持ち合わせていない状態のことを言います。

有名なのは牛乳やヨーグルトで下痢する原因となる“乳糖不耐症”ですが、卵も、

  • 卵白不耐症
  • 卵黄不耐症

といった、黄身と白身別に食物不耐症を持っている方が稀にいます。

※関連記事

ヨーグルトの食べ過ぎは下痢の原因になる?適量はどれくらい?

 

食物不耐症だと、卵を完全に分解・消化できないので、下痢となって体外へ出されてしまいます。

食物不耐症は食中毒やアレルギーより症状は比較的軽めです。

また、症状が出るまでに期間があり体調によっても症状が左右されるため、卵による食物不耐症が原因の下痢だと分かりづらいです。

卵を食べて数日後に下痢するパターンが多い人は、食物不耐症化の可能性があるので、病院で検査してもらいましょう。

 

まとめ

卵で下痢する原因は食中毒から体質的なものまで、色々と考えられます。

サルモネラ菌による下痢だと賞味期限切れや保管方法に気をつければ予防できますが、アレルギーや食物不耐症は予防できないですよね。

下痢の症状が激しい時や何度も下痢を繰り返す場合、原因を自己判断せず病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク