便秘が続くと、お肌の調子が悪くて化粧ノリもいまいちになり…ホントにイライラしますよね。

便秘解消を謳った商品はたくさんありますが、“スーパーやコンビニで手軽に買え、即効で便秘解消できる!”と話題なのが炭酸水です。

しかし、炭酸水は飲むタイミングを間違えたり、飲み過ぎてしまうと効果が期待できないばかりか逆効果になる場合もあるので要注意です。

今回、炭酸水の魅力や便秘解消を目指すための正しい飲み方についてまとめます。

スポンサーリンク

炭酸水が便秘に効く理由とは?

炭酸水はただ刺激が強いだけの水ではありません!

シュワシュワした炭酸には、即効で便秘解消につながる嬉しい効果が期待できます。

炭酸水が便秘解消に効果的と言われる理由を見ていきましょう。

蠕動運動を活発にする!

大腸内にある便を直腸へ運ぶ働きを蠕動運動(ぜんどううんどう)と言いますが、便秘は蠕動運動が鈍くなり起こります。

炭酸水を飲むと、シュワシュワした成分である炭酸が腸を刺激することで、蠕動運動を活発化させます。

蠕動運動が正常に行われると、大腸内で止まっていた便が直腸まで運ばれて排便できる状態になるため便秘が解消します。

しかも、炭酸水は消化に時間がかからない水分なので、飲んですぐ胃を通過して腸までたどり着くため、即効性も期待できます。

胃酸の分泌量を増やして消化を助ける!

炭酸水を飲むと、炭酸が胃を刺激する→胃の血流が良くなる→胃酸が分泌される、という流れが生じます。

消化不良が原因で便秘になっている人は、胃酸が多く分泌されることで消化がうまく行われて便秘解消につながります。

 

また、この流れを利用して、炭酸水を食前にコップ一杯弱(100mL程)飲むと、胃もたれ防止に効果的です。

ただし空腹時に飲み過ぎると、胃酸の大量分泌や炭酸の作用で胃が膨らむことが原因で、胃痛や吐き気などの副作用が起きる可能性があります。

炭酸水を飲むときは、空腹時ではなく必ず食前にしましょうね。

水分補給になる!

当たり前ですが炭酸水は水分なので、飲むと水分補給になります。

軽度の便秘なら、単純に水分不足で便が固くなり出づらくなっていることが原因の場合もあります。

そんな時は水分補給するだけで便秘解消につながります。

 

ちなみに、炭酸水だと通常だと苦くて飲みにくい硬水も、シュワシュワで味がごまかされて飲みやすくなります。

硬水に含まれるミネラルは便秘解消のために必要な栄養素でもあるので、硬水の炭酸水を飲めばより便秘解消効果が期待できます。

特に硬水に含まれるミネラルの中でもマグネシウムは、腸内の水分吸収を妨げ便に多くの水分が含まれるよう手助けします。

そのため即効で便秘解消したい時に、より効果を発揮します。

スポンサーリンク

 

即効で便秘を解消したい時の炭酸水の飲み方

炭酸水で即効便秘解消を目指す場合、飲む量とタイミングが重要です。

まず、飲むタイミングは胃や腸が活発に動く前が良いので、朝起きてすぐ、朝食前がおすすめです。

朝起きたばかりの時は口の中は雑菌だらけなので、うがいで口を濯いだ後に炭酸水を飲みましょう。

 

飲む量はコップ1杯弱(約100mL)で、より胃腸に与える刺激を強めるため、冷蔵庫で冷やしておいたものを飲むといいかと思います。

冷たい炭酸水を朝一番に一気に飲むことで、体が急激に目覚め、炭酸水の効果で腸が活発に動き始めます。

そうすると、鈍っていた蠕動運動が活発になりお通じにつながります。

 

飲みすぎ注意!時には逆効果になることも…

便秘解消に効果的とされている炭酸水ですが、飲み過ぎると逆効果です。

もし飲み過ぎた場合、どんな副作用が起きるのか知っておきましょう。

下痢や胃痛を引き起こす

炭酸水は胃や腸に刺激を与えて便通を良くする効果がありますが、この刺激は胃や腸の負担になります。

そのため、飲み過ぎは腹痛や下痢の原因になる場合もあります。

適量は便秘の重症度によっても変わりますが、1度に飲む量は100mlからスタートして、どんなに多くても500mlまでにしておきましょう。

加糖の炭酸水は新たな病気を招く恐れが…

炭酸水には砂糖や果汁が加えられた清涼飲料水もありますよね。

清涼飲料水には大量の砂糖が使われているため、飲み過ぎると糖尿病や肝機能障害の原因になります。

また、砂糖は腸内環境を悪化させる悪玉菌の好物なので、便秘を助長する作用もあります。

 

炭酸水を飲むときには無糖のもの(もちろん人工甘味料も含まれていないもの)を選ぶようにしましょう。

炭酸水に味がなくて飲みにくいという人は、レモンを入れると若干ですが味が付き、飲みやすくなりますよ。

刺激が原因でお腹の不調が悪化する

炭酸水の刺激で排便を促す方法は、比較的軽い便秘の場合に有効な解消法です。

重度の便秘でお腹がパンパンに張っている時に炭酸水を飲むと、さらにお腹が張るのでよけいに苦しくなります。

また、下痢と便秘を繰り返す痙攣性便秘の人は蠕動運動が活発になりすぎてお腹の不調が起きている可能性があります。

そんな人が炭酸水を飲み、さらに蠕動運動を活性化してしまうと症状が悪化する原因になります。

 

まとめ

炭酸水は刺激で便秘を解消する飲み物なので、正しく飲まないと下剤のように思わぬ副作用が起きる場合もあります。

そのため、例えば痙攣性便秘の時は炭酸水でなく白湯や常温の水を飲むといったように、症状によって違う方法に切り替えることも大切です。

炭酸水を試して“合わない”と思った時は、無理に継続せず自分に合った便秘解消法に切り替えるようにしてくださいね。

スポンサーリンク