おにぎりやお弁当、ちょっとしたおつまみなど色んなところで大活躍する梅干し。

好き嫌いが分かれる食品ではありますが、梅干しが便秘解消にとても有効なのは知っていますか?

梅干しは塩分が多いので、塩分の過剰摂取を防ぐため1日の摂取量を守って食べ続けることが大切です。

今回、梅干しに含まれる便秘解消に有効な成分をお伝えするとともに、正しい摂取方法についてまとめました。

梅干しが大好きな人も苦手な人も、便秘解消のため是非チェックしていただきたいです。

スポンサーリンク

梅干しに含まれる便秘解消に有効な成分は?

“梅干し=すっぱい”ですが、このすっぱいと感じる成分「クエン酸」こそ便秘解消の鍵となります。

また、梅干しはクエン酸以外にも食物繊維やマグネシウムといった、便秘解消に有効とされる成分を多く含みます。

さっそく、梅干しに含まれる、

  • クエン酸
  • 食物繊維
  • マグネシウム

この3つの有効成分がどのようにして便秘を解消してくれるのかみていきましょう。

腸の蠕動運動を促進する

排便を行うために欠かせないのが、腸内に溜まっている便を肛門まで移動させる腸の働きである“蠕動運動”です。

毎日快便の人は蠕動運動がちゃんと機能していますが、便秘の人はストレスや腸内環境を悪化させる食生活が原因で、蠕動運動が衰えている場合が多いです。

蠕動運動が弱まると、便が肛門まで移動できなくなるので便秘になります。

クエン酸には、酸っぱい成分が腸に刺激を与えて蠕動運動を活発にする作用があります。

腸内環境を改善する

クエン酸を摂取すると腸内を酸性の状態に近づけます。

腸内環境を悪化させる悪玉菌は腸内がアルカリ性の時に増殖するため、クエン酸で腸内を酸性寄りにすることで増殖を抑えることができます。

また、腸内が酸性に近づくと腸内環境を良好に保つ作用がある善玉菌が増殖するので、便秘解消につながります。

※関連記事

善玉菌を増やす食べ物でおすすめは?正しく摂取して効果倍増!

ストレス性の便秘も解消できる

クエン酸には抗ストレス作用があるため、ストレスが原因の便秘にも効果を発揮します。

※関連記事

ストレス性の便秘を解消するには?有効な方法や市販薬を調べた

ストレス性の便秘は食生活の改善では解消が難しいため、梅干しは数少ないストレス性便秘に有効な食品といえます。

スムーズな排便を促進

梅干しにはクエン酸以外にも食物繊維とマグネシウムが含まれており、クエン酸と併せて便秘解消の手助けをしてくれます。

食物繊維

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がありますが、梅干しには両方がバランスよく含まれています。

水溶性食物繊維

水に溶けやすい性質を持ち、水分と混ざるとドロドロしたゼリー状になり腸壁にくっつき便の滑りを良くする。

また、善玉菌のエサになり増殖の手助けをする。

不溶性食物繊維

水に溶けない性質を持つため、水分を含むと大きく膨んで便と混ざりかさ増しや便を柔らかくする作用がある。

便のかさが増すと腸を刺激しやすくなるため、便秘解消につながる。

マグネシウム

腸に水分を集めて硬い便を柔らかくするほか、

  • 腸壁を刺激して排便を促す
  • 腸壁にこびりついた宿便を洗い流す

といった効果もあるため、便秘解消につながります。

スポンサーリンク

梅干しの理想摂取量は1日何個?

便秘解消に梅干しが効果的だと分かっても、やはり食べ過ぎによる塩分の過剰摂取には気をつけたいところです。

梅干しは1個につき、約2g塩分が含まれています。(メーカーや梅干しの作り方によって塩分量は異なるのであくまで目安です)

1日の塩分摂取量は男性8g未満、女性7g未満が理想と言われています。

 

塩は普段の食生活において調味料としても頻繁に使われているので、一日何個も食べるのは明らかに過剰摂取ですよね。

塩分の取り過ぎると高血圧や肝臓疾患をはじめ、生活習慣病など様々な病気リスクを高めます。

塩分の取り過ぎを防ぐため、梅干しの摂取量は最高でも1日1個までにしておきましょう。

また、便秘解消効果をさらに高めるなら以下の食べ方がおすすめです。

食べるタイミングは朝がベスト!

朝一番、クエン酸の刺激で腸を活性化させて排便を促すため、梅干しは朝食時に食べるのがベストです。

梅干しを食べるとクエン酸の効果で唾液の分泌も増えるので、消化作業も活発になります。

お湯に溶かして飲むと効果倍増!

ご飯と一緒に食べてもいいですが、より便秘解消効果を高めるなら梅干しをお湯に溶かしてつくる“梅湯”がおすすめです。

作り方も簡単で、コップにお湯と梅干を入れて、箸やスプーンで梅干しをほぐして飲むだけです。

梅湯を飲むと便秘解消に有効な水分補給もできますし、体が温まるので腸の活動も活発になります。

梅干しの酸っぱさも和らぐので、酸っぱいのが苦手な人も是非試してみてくださいね。

 

まとめ

私は梅干し好きなので1日1個では物足りないのですが、健康一番と考えて摂取量は守りたいと思います。

ちなみに梅干しに含まれるクエン酸には、便秘解消以外に疲労回復や食欲増進、新陳代謝アップなどの効果も期待できます。

梅干しは健康維持のために欠かせない食品と言えます。

朝に1個食べる習慣をつくり、便秘やお肌の悩みとさよならできるといいですね!

スポンサーリンク