今やその名前を知らない人はいない、昔から販売されている乳酸菌飲料「ヤクルト」。

ヤクルトが長きに渡り愛され続けている理由は、腸内環境を整え、多くの人の健康維持に貢献しているためです。

毎日ヤクルトを飲んでいる人もいるかと思いますが、飲み続ける期間や正しい飲み方は知っていますか?

今回、ヤクルトの魅力を紹介するとともに、正しい飲み方やどのくらい飲み続けると効果が実感できるのか、その期間についてお伝えします。

スポンサーリンク

ヤクルトの魅力

腸内には色んな種類の腸内菌が100兆個程存在しており、腸壁にびっしりとついています。

腸壁にまるでお花畑に咲く花のようにたくさんくっついている腸内菌は、“腸内フローラ”とよばれています。(フローラとは英語でお花畑を意味する)

ヤクルトは腸内フローラの中の細菌の一つである”善玉菌”を増やす飲み物として昔から飲まれ続けていてます。

 

ヤクルトの中には、“シロタ株”という特別な乳酸菌が多く含まれており、この乳酸菌が腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やす働きをします。

通常、乳酸菌は腸に到達して効果を発揮する前に、そのほとんどが胃酸などの消化液で死滅します。

しかし、ヤクルト独自に開発した“シロタ株”は、消化液で死滅せず大半が生きたまま腸内に到達し、善玉菌を増やす働きをしてくれます。

 

ヤクルトを飲み続けると腸内環境が良好になるため、便秘や下痢などお腹の不調の改善効果が期待できます。

さらに、腸内環境が整えば代謝も良くなるため、免疫力が上がり、

  • 花粉症などのアレルギー症状の改善
  • 風邪、インフルエンザの予防
  • 癌など重篤な病の予防

といった、たくさんの厄介な症状や病気の予防・改善にもつながります。

 

ヤクルトの効果は実験でも証明されており、

健康な成人に乳酸菌・シロタ株を100億以上含むものを4週間飲ませた結果、元々腸内にあったビフィズス菌が増え、悪玉菌が減った

という結果が報告されており、国が効果を認めている“特定保健用食品(特保)”の称号も得ています。

スポンサーリンク

 

飲み続ける期間

ヤクルトはどのくらいの期間飲み続けると、効果を実感できるのでしょう?

体内に入ったシロタ株をはじめとする乳酸菌は、しばらく腸内に留まりますが時間が経つと体外へ排出されてしまいます。

そのため、腸内環境を良好な状態で維持しておくには、乳酸菌をずっと摂り続ける必要があります。

ヤクルトも数回、数日飲めば終わりではなく、毎日飲み続けることが重要です。

 

ちなみにヤクルトだけでなく乳酸菌飲料は全て、定期的に摂り続けなければ効果が実感しずらいです。

また、種類によって効果や体質に合う合わないがあるので、色々と摂取して自分にピッタリの乳酸菌を探してみましょう。

※関連記事

 

ヤクルトの飲み方

ヤクルトの効果をより高めるため、正しい飲み方について、実際にヤクルト販売員から聞いた内容を紹介します。

 

一日何本飲めばいい?

乳酸菌は身体の中に溜めておくことができないため、摂り過ぎによる副作用はありません。

ただ、一度にたくさん摂取したから効果が倍増するものではなく、ずっと飲み続けることが効果を最大限高める方法です。

コスト面や摂取カロリーのことを考えても、一日何本も摂取し続けるのは現実的ではないですよね。

ヤクルトの摂取量は、最低一日1本、多くても2本までにとどめておきましょう。

 

飲むタイミングはいつ?

飲むタイミングについては、ヤクルト販売員曰く、

基本はいつ飲んでも構わないが、生きたまま多くの乳酸菌を腸に届けるためには食後に飲んだ方がよい

とのことでした。

食後にヤクルトを飲むと消化液がヤクルトを飲む前に食べた物の分解に使われるため、乳酸菌の腸への到達率が上がるからですね!

 

まとめ

1本65mlのヤクルトに、腸内環境を良好にしてくれる乳酸菌が豊富に含まれているのは嬉しい話です。

ヤクルトの効果を得るために最も重要なのは、“毎日飲み続けること”です。

正しい飲み方で、ヤクルトならではの乳酸菌・シロタ菌を毎日摂り入れ、腸内環境を整えていきましょう!

スポンサーリンク