スーパーやコンビニでよく見る、ヤクルトよりも安くてヤクルトっぽい見た目・味の飲み物、通称”ヤクルトもどき”。

スーパーやコンビニのプライベートブランドも含めると似てる飲み物は数多く存在しますが、効果もヤクルトと同じなのでしょうか?

もしそうであれば高価なヤクルトを購入しなくても、腸内環境の改善はヤクルトもどきで十分ですよね!

今回、ヤクルトに似てる飲み物を含まれる乳酸菌の効果と併せて一覧でまとめ、ヤクルトの代用にもなるおすすめ商品を紹介します。

スポンサーリンク

本家・ヤクルトの効果は?

ヤクルトもどきの効果を知る前に、本家であるヤクルトに含まれる乳酸菌や、その効果についておさらいです。

そもそもヤクルトは過去、医薬品として開発された飲み物で、含まれる乳酸菌「L.カゼイシロタ株」の非常に優秀な効果が注目されて大ヒットしました。

L.カゼイシロタ株はL.カゼイ菌の中の「シロタ株」という、ごく一部の乳酸菌で”生きて腸に到達する特徴”があります。

シロタ株を発見したのがヤクルト生みの親である代田(しろた)氏で、シロタ株だけの培養に成功した後、手軽に摂取できるように“ヤクルト”が開発されました。

 

ほとんどの乳酸菌は摂取後、腸に到達するまで胃酸や胆汁酸に攻撃され死滅しますが、L.カゼイシロタ株は酸の攻撃に耐えられる数少ない乳酸菌です。

生きて腸に到達することで乳酸菌本来の整腸作用を最大限発揮し、腸内環境の改善、つまり便秘や下痢・腹痛などお腹のトラブルを改善するのです。

 

L.カゼイシロタ株には整腸作用の他に、

  • 胃がんの原因となるピロリ菌の増殖抑制
  • インフルエンザウイルスの感染予防

など様々な効果が認められています。

ヤクルトは腸内環境を良好に保つ効果はもちろん、体全体の健康を維持していく上でも素晴らしい飲み物というわけです。

※関連記事

ヤクルトで腸内環境を整える方法!飲み続ける期間や飲み方は?

 

ヤクルトもどきの効果は本家ヤクルトと同じ?

結論からいえばヤクルトの乳酸菌はヤクルトが特許を取得しているため、摂取できるのはヤクルト(もしくはヤクルト社の関連商品)からのみです。

そのため似てる飲み物を飲んでも、ヤクルトと同じ効果を得ることはできません。

ヤクルトもどきに含まれる乳酸菌がヤクルトに似てるのは、L.カゼイ菌の中の違う株が含まれているためです。

 

「同じ菌種なので、あまり違いはないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、乳酸菌は株が違うだけで全くの別物になります。

あくまで生きて腸に届くのは、ヤクルトの含まれる「L.カゼイシロタ株」の特徴です。

 

ヤクルトもどき代表・ピルクルとヤクルトの違い

ヤクルトもどきの代表、日新ヨーク社・ピルクルに含まれるL.カゼイNY1301はシロタ株と同様、生きて腸まで届くことが研究の結果分かっています。

ただし研究データは本家ヤクルトの方が圧倒的に多く、さらに免疫力アップなどの健康増進効果もピルクルに関しては不明です。

 

あくまで予想ですがピルクルは“ヤクルトと同じ整腸効果が期待できる商品”です。

研究費用・時間ともにヤクルトより少ないため、ヤクルトより安い値段で購入できるのではないでしょうか?

※関連記事

ピルクルの効果と飲むタイミング!飲み過ぎても副作用はない?

スポンサーリンク

よく見かけるヤクルトもどき一覧とその効果

ピルクル以外にもヤクルトに似てる飲み物はたくさんあるので、代表的な商品の特徴と含まれる乳酸菌、またその効果をまとめていきます。

クロレラ食品ハック会社「クロレラ650」

65ml×10本を基準に、スーパーなどで売られていてるヤクルトもどきな飲み物。

乳酸菌の種類や効果の記載がないので、味はヤクルトですがどれだけ健康に良い乳酸菌なのかは不明です。

CO-OP「コープ乳酸ドリンク」

コープ 乳酸菌ドリンク

生協が販売している乳酸ドリンクで、購入できる店舗は限られています。

含まれている乳酸菌はピルクルと同じ“L.カゼイNY1301”なので、整腸作用や生きて腸に届くデータが確認されています。

トップバリュ「乳酸菌飲料」

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」のヤクルトもどきで、乳酸菌はL.カゼイ菌を使っていますが、株までは不明です。

イオン系列の店舗でのみ購入可能ですが値段は10本200円以下と、とてつもなく安いです。

セブンプレミアム「生きて腸まで届く乳酸菌飲料」

セブンプレミアム 乳酸菌飲料

セブンイレブンやイトーヨーカドーで販売されているヤクルトもどきですが、私は売られているのを見たことがありません…

ただ製造が日新ヨークですし、含まれる乳酸菌もL.カゼイ菌NY1301なので、ほぼピルクルですねw

口コミをみてもピルクルとの違いが分からない…なんて内容が多いです。

 

ヤクルトもどきで最もおすすめ商品は?

ヤクルトもどきを一覧で紹介しましたが、正直含まれる乳酸菌の効果はヤクルトほど信憑性が高いものではありません。

効果が信頼できる乳酸菌を摂取したい人は、ヤクルトもどきを選ばず本家ヤクルトを購入しましょう。

 

ただヤクルトもどきにも、“値段がヤクルトの半額以下”というメリットがあります。

数あるヤクルトに似てる飲み物の中で一番定価が安かったのはコープ乳酸ドリンクで、税込170円ほどです。(他の商品は税込200円前後)

またCO-OP乳酸ドリンクは含まれる乳酸菌がピルクルと同じなので、ヤクルトもどきの中では比較的信頼できる乳酸菌だといえます。

消去法になりますが、今回紹介したヤクルトもどきの中では“CO-OP「コープ乳酸ドリンク」”が最もおすすめといえるでしょう。

 

ただ、よりコスパを求めるならピルクルの1000ml(大容量サイズ)がお得です。(ピルクルは65ml×10本と1000ml紙パックの値段が一緒です…)

ピルクルの紙パックは見た目のヤクルト感がゼロですが、コスパ(安さと乳酸菌の質)を両立させるなら、最も賢い選択かもしれませんね!

 

まとめ

ヤクルトの値段が高いのは信頼を得るために実験を重ね、効果検証し続けた証拠です。

“信頼をお金で買う”と考えると少々の出費は仕方ないと思いますが、“ヤクルトもどき=効果なし“ではありません。

ピルクルなどに含まれる“L.カゼイ菌NY1301”も効果を証明する実験は行われています。

 

個人的にヤクルトとヤクルトもどきの違いは、以下でまとめられると思います。

  • 効果重視で乳酸菌を摂取する → ヤクルト
  • コスパ重視で乳酸菌を摂取する → ヤクルトもどき

“ヤクルトもどきが邪道”ではまったくないので、自身の考え方に近い商品を選んで問題ないでしょう。

またインフルエンザが流行るシーズンだけヤクルトにするなど、自分なりに使い分けを工夫するのも賢いと思いますよ。

スポンサーリンク